今Macbookが欲しくても、6月まで待て

Macbookが欲しい。

そう思っても今は「待ち」の一手だ。

ウチの場合、妻が仕事でMacbook Airを主に使っている。
これはオレのお下がり、というか、
Windowsノートを妻が壊してしまったので一時的に貸したら、そのまま妻のものになったのだが、
2011年の古いモデルだ。

いい加減、新しいモデルに買い換える時期にきている。
と、去年からずっと言っているのだが、
正直買い換えようにも買い換えたいモデルが存在しない。

買うとしたら、新型Macbookなのだろうが、
画面が小さすぎるとかポートがUSB-Cのみで電源もここからとか、色々と制限があって
現在の使い方にはそぐわない。

というわけで、来月開催されるWWDC 2016で
新型のMacbook Airが発表されるのを期待して待っているというわけだ。

望むスペックは、

・13インチ
・メモリ最低8GB(できれば12GB)
・Retinaディスプレイ
・USB3.0が最低1つ
・実効電源6時間(カタログスペックなら12時間ぐらい?)

これだけをみると、
現在のMacbook Airに足りないのはRetinaディスプレイぐらいだ。
USBは2.0でもそれほど問題ない。

しかし、Retinaは一度慣れてしまうと、元に戻れない。

ただ、Macbook AirにRetinaが搭載されたら、
現在の12インチのMacbookって必要なのか?という気もする。

懸念されるのは、
Macbook AirがUSB-C1ポートにされたら困るなということ。

とにかく、今Macbookを検討しているなら、
WWDCの6月13日午前10時(日本時間で6月14日午前2時)から始まる発表を待て、
ということだ。

iMac Retina 5K Late 2015が来た!

ついに来た!
来たのはウレシイが、セットアップがメンドイ!
なんつってもデータ移行がメンドイ!
でもやるしかない!

というわけで、iMac Retina 5Kです。はい。
今まで使っていたのは、iMac Mid2011の27インチ。

late2014の中古にしようか悩んだけど、
もうちょっとお金を出して、長く使うことを選択。
ちょうどCPUもSkylakeに移行したタイミングというものある。

正直Mid2011でも使えなくはない。
でも、メモリがけっこうきつかった。

Mid2011の最大容量である16GBに増設していたのだけど、
システム開発のためにVagrantで仮想OSを2台走らせながら、
PHPStormとか、Photoshopとか、iTunesとか、
タブを大量に開いたChromeとかを同時に使うとメモリなんかあっという間にギリギリになる。

やっぱきついな、と。
というわけでiMacを新調することにした。5年も使えばまぁよかろう。

iMacはApple Storeでは買わなかった。
理由はいくら何でも高すぎるから。
さすがに価格コムと4万円違ってくるとApple Storeでは買えないわ。

iMacRetina5K

カスタマイズはできないので、最上位の機種にしてメモリだけ自分で購入した。
メモリは最初から32GBにすると決めていたがメモリの選定にかなり時間を使った。
この点については明日書こうと思う。

嬉しい誤算は、購入前にかなり悩んだPremiere ProのGPUサポート、
いわゆるMercury Playback Engineなんだけど、
Premiere Pro起動してみたら、普通に使えそうな感じ。

mercury-playback

AdobeのサイトにあるGPUのリストにはなかったので、正直、これは諦めていた。
まだ実際に編集したわけではないので、どの程度使えるのかはわからないんだけれども。CUDAじゃなくてOpenCLだし。

前と同じ27インチなんだけど、やっぱりRetinaは綺麗だなぁ。
データの移行でMid2011を並べて置いてあるんだけど、Mid2011の画面が見づらくてしょうがない(笑)。

まだ重い作業はしていないので、どのぐらい処理能力が上がっているのか実感できていないんだけど、とりあえずメモリは余裕だ。
仮にきつくなっても、5K late2015は公式の仕様では32GBまでなんだけど、実際には64GBまで積めるらしい。

さぁ、頑張るぞ〜。

Appleの発表がエキサイティングでなくなっているのはリークのせい

今日Appleから9.7インチのiPad ProやiPhone SEといった製品が発表された。

最近はAppleの発表の前には予想や噂が各メディアやブログサイトなどで取り上げられるが、
製品名まで含めてほぼそのまんまの内容だった。

もうここまで来ると、
噂というレベルではなく、完全なリークだ。
しかも、かなり信頼出来るリーク先をメディアが確保しているということ。

最終組み立てラインが主に中国あたりなので、簡単に情報が買えるのかも知れない。
組み立てに携わっている人間なんてゴマンといるだろうから、
その全ての人間から情報漏洩を防ぐのはほとんど不可能だ。

しかし、この状況は正直つまらない。

確かにAppleファンとしては早く知りたいというのもあるだろうし、
中には先を見越した購入計画を立てていたりもするだろう。

でも、これはちょっと行き過ぎだ。
発表前から全て分かっていて、発表会がリークされた情報の公式な認定をする儀式になってしまうのなら、
そんなものはAppleのサイト上でやればいいだけだ。

この状況で、
「噂通りでがっかりだよ。」なんて言い出す人間も出てきている。

Appleは情報のリークに対して今後どのように対応していくんだろうか。