ホリエモンがまたほざいているので、オレ的に反論してみた

オレはホリエモンが嫌いである。
犯罪者になる以前から嫌いである。

バッファローズのオーナーになる・ならないで話題になってた頃から嫌いである。
あの茶番を演じていた時のホリエモンは、
サリン事件渦中の記者会見での上祐史浩をオレに想起させた。

そのホリエモンがまた何かよくわからないことを言っている。

京大が入試会場での時計の持ち込み使用を禁止したことに対して、

「あほくさ。検索前提の試験にすりゃええやん」
「人間計算機を高速化しても意味ないからねぇ。そら、テストの成績は良くなるけど本質的な学力が上がるわけじゃないから。」

なんつーか、世の中をビジネスでしか考えていないのか、と。
もっと言うと、起業とかそういう観点なんだろうね。

京大の問題を赤本とかで見たことがある人は知っていると思うが、
京大の問題の特徴は、

え?それって正解あるの?というような思考力を問う問題が結構ある。

つまり京大は、ホリエモンの言う本質的な学力をとても重視している大学である。

京大に比べると、東大のほうが比較的重箱の隅をつつくような知識を問う問題が多いと言えるだろう。

検索なんかでネット上から探し出してきた答えを書き出すことが可能なら、それが本人の思考力からきたものなのか全くわからない。
つまり本質的な学力がわからない、ということだ。

だいたい、日本がノーベル賞獲れているのは、優秀な研究者がいるからだ。
そして、第一線にいる研究者は検索しても答えが見つからない問題に取り組んでいるものだろ。

そもそも一流の研究者に調査能力がないなんてことはあり得ないだろ?
検索力なんてものは、彼らにとっては当たり前の領域のものだ。

要するに、

京大が求めてるのは、
検索みたいな安易な方法が存在しない状況でも、
答えがあるかどうかすらわからないような問題に対しても、
自らの思考力で答えを導き出せる人間。

ってことだ。

別にノーベル賞を獲れるからといってそれが金になるとは限らないだろうけど、
そういった研究成果が回り回って最終的にビジネスになったりするわけだ。

だから、ホリエモンが言っていることは、
超近視眼的な意見でしかない。

だからといってオレは検索前提の試験を否定しない

専門学校など一般企業に就職するのが前提の学校とか、
起業が目的の学部だとかもあるだろう。
そういった、そもそも研究を志す人間を輩出しようとしているわけではない大学や学部は、
試験で検索OKにすることもできるだろう。

要するに目的の違いだ。

京大の目指すところと、
ホリエモンが見ているところは、
全く違うんだから、
ホリエモンが京大を批判するのは全く筋違いだ。

医者になりたいと言って頑張っている高校生に、
プロ野球目指している高校生が、
「なにシコシコ勉強してんの?そんなことするより、先輩からあの先生の過去問もらったほうが点取りやすいぜ。」

と言っているようなものだろ。
でもオレはどっちが悪いとかが言いたいわけじゃない。
どちらの高校生にも、メリットとリスクが存在するしね。

オレにとってホリエモンとは、
どんなに金持ちになっても、
ああいう風にだけはなりたくない、
という人間の典型である。

あ、でもホリエモンが好き、という人間を否定するつもりはない。
ああいうのが好きな人間がいるのもよくわかる。

単に合うか合わないかの問題でしかない。

北斗の拳でいう、
ケンシロウ派か、
ラオウ派か
の違いみたいなものだ。

オレは、さんざ人様に迷惑かけておいて、
「我が生涯に一片の悔いなし」
なんつって死ぬのは嫌なこった、と思う。
でも、あれがカッコイイと思う人がいることもわかるよ。
っていうことだ。

だったらお前もホリエモン叩くな、と言われそうだが、
これは個人的な日記だし、これを見ている人間もほとんどいないだろうから、影響力なんかほぼ0でしょ。
ということにしておく。(身勝手だということは認める)

プログラマ集めもついにここまで来たか

のっけからすごい画だが、これは二次元の美少女という網でプログラマを大量ゲットしようという、
転職サイトのプロモーションである。

現在、プログラマは売り手市場らしい。

一時期は3K(くさい・汚い・帰れない、だっけ?)もあって、
ITエンジニアは大学生にとって人気の低い職種だったようだが、
最近はまた盛り返してきている、とも聞く。

当然、中途採用もさかんなのだろう。
ついに最初の画像のようなエンジニア集めも始まった。

リンク → https://paiza.jp/poh/ando

これが新種のハニートラップってか。
2次元だけど。

「体験」したい人や、続きから「プレイ」したい人は、
上記リンクをクリックだ。

オレはITオタクと自称しているものの、
残念ながら美少女系アニメとかアイドルには興味がないので、

ふ〜ん、なんか面白いことやってるね。

とは思うが、それぐらいエンジニア争奪戦が激しいということなのだろう。
結構金かかってそうだしね。

東京では正社員を経たあと、5年ぐらいフリーランスをやっていたが、
世の中のプログラマの求人の年齢制限は年を追うごとに高くなっていった。

最初は、30歳以下だった。
昔は30歳を越すとプログラマとしての能力に陰りが見えてくるというのが定説だった。

絶対そんなことないだろ、と思っていた。
案の定、その後30歳以下という求人年齢は35歳、40歳と上がっていった。

とはいえ、これは能力うんぬんというよりも、
業界としてプログラマがきちんと育っていなかったのが原因だと思う。

その理由を書くと長くなるし、書くのも面倒なので省略するが、
日本のIT業界ではプログラマが育つ土壌は少ない。

他の国がどうなのかは、外国の現場に行ったことがないので知らないが、
ドイツに嫁いだ高校の同級生のダンナがSEで、「同じようなことを言っていた」とのことなので、
日本だけに限らないのかも知れない。

今後はさらにプログラマ不足になるらしいが、
人の数を増やすことばかり考えるより、
一人一人のエンジニアの質を上げたほうがいいと思うよ。

色々な現場に行ったけど、
烏合のプログラマ3人より1人のスーパーなプログラマのほうが生産性が高いなんてことも、
本当にあるからね。(生産性が10倍違う場合もあるなんて説もあるが)

ただね、
本当に、マジで、文字通り使い物にならないプログラマも、
本当に、マジでいる。

だってコード書けないんだもん。
もはやプログラマですらない。
もちろん現場で遭遇したのだけど、あの時は笑ったなぁ。

日本のプログラマ諸君、頑張ろう。
未来は明るい。

追記

たまたま見つけたわかりやすい記事。
しかもたまたまこのキャンペーンをやっている会社のブログ。

35歳定年説より怖いフルスタックエンジニアしか生残れない未来とは

自分で書くとメンドウだが、世の中には整理して書いてくれている人がいるものだ。(しかも給料もらいながら)

オレもSIerにいたことがあるが、
記事にもある通り、SIerに就職・転職するのは危険だ。

WordPressのプラグイン開発をし始めて思うこと

今、WordPressのプラグイン開発をしている。
理由は、妻の会社でメンバーサイトを構築するため。

世の中にメンバーサイト構築用のプラグインは結構いっぱいある。
ただ、かなり調べたのだけど全て海外製だし、しっくりくるものがなかった。

WordPressでメンバーサイト作ってる人って、
英語必須だと思うんだけど、どうなのかねぇ。

ともあれ、
だったら日本特有の事情を加味しつつ、
もっとわかりやすい管理機構を持つメンバーサイト構築プラグインを作ることにした。

前からWordPressを使ってホームページのデザインはしているので、多少はWordPress本体の構造は知っていた。
なんかヘンな作りだとは思っていた。

しかし、プラグイン開発を開始してみると、
予想以上に拡張しずらいアーキテクチャだということを思い知った。

え、何これ。グローバル変数だらけじゃん・・・

いかにもPHPコミュニティらしいといえばそれまでか。

WordPressの最大のウリは、世に出ているプラグインやテーマの数が圧倒的に多いことだと思う。
でも、内部の作りはスマートとは言い難い。

本体のコードを眺めていると、グローバルな変数やファンクションの塊がわんさかと出てくる。
普通にグローバルな変数を使うことも珍しいことではない。

一体いつの時代だよ・・・。

たぶん初期のコードはすべて構造化プログラミングで作られていたのだろう。
現在はクラスもそれなりにあるようだが、コアな部分はやはりグローバルなファンクションで定義されている。

link-template_php_-_luxliner_-____VM_luxliner_www_wordpress_wp-content_plugins_luxliner_

恐ろしく時代遅れな設計方針だ。
今でもこれを貫いているのは、
今さらこれらをカプセル化すると、動かなくなるプラグインが大量に出てしまうからだろう。

会社に例えるなら、
ずっとエクセルでやってきて他のシステムもエクセル依存だから、今さら変えられない。
といったところか。

よくこれだけの数のプラグインが世に出たものだと思う。
むしろ、古臭い設計だから初心者が手を出しやすかったということかも知れない。

まぁ、それでもWordPressはビジネス的に成功しているし、それでいいのだ。

ここ数年で一番学んだのはそこだ。
エンジニアはその職業柄から細部にこだわる。そこは美点でもある。
でもビジネスとして成功することのほうが重要だ。
ビジネスとしてやる以上は、ここは絶対だ。

とはいえ、
最終的にはそこそこのコード量になると思うのでそれなりの設計にしたいのだが、
いかんせん本体の作りがこれなので、四苦八苦している。

はやく画面とか、見える部分を作り込みたいなぁ。

Poeditを久しぶりに使ってみたら便利すぎて思わずポチった

翻訳者の必携ツールと言えばPoedit。

以前からインストールをしてはいたものの、
それほど翻訳をする機会もなかったのだが、
このブログで使っているテーマを翻訳するために起動。

む、新しいバージョンがあるみたいだったので、最新版をダウンロード。

なんと、翻訳の提案などという機能が追加されているではないか。
どうやらインターネットに翻訳データを取りにいっているらしい。

結構まともな訳が候補として出てくるじゃないか。
候補をクリックすれば、それが訳として登録される。

2015_12_10_11_26

しばらく使っていると、翻訳の提案がストップ。
どうやらフルで使うにはPro版が必要とのこと。

もうこれなしではメンドクサイぞ、ということで一度アプリを削除して、
App Storeにて速攻でポチる。

お前これからこれをどんだけ使うんだ、と。
たいして使うこともなかろう。

という考えが頭によぎることもあるが、
数千円程度で作業効率が上がるならケチるべきではない
と最近は考えるようにしている。

Poeditの機能概要

Poeditの機能はこんな感じ。Pro版ね。

  • potファイルからpoファイルを作成
  • どの言語に翻訳するか選択すれば言語に応じてファイル名をつけてくれる(jaとかfrとか)
  • 翻訳ファイル(poファイル)を保存すると自動的にmoファイルを生成してくれる
  • WordPressのテーマとプラグインの翻訳に対応。
  • プログラムソースからpotファイルを生成できる
  • %sとかのプレースホルダの扱いに問題があると教えてくれる。(%を全角で翻訳していたりするとエラーになったり)
  • インターネット上から他の翻訳者の翻訳が提案される(人間の翻訳か、機会翻訳かは区別されていて、候補のアイコンでわかる)
  • ローカルでも翻訳メモリを自動的に作って翻訳の候補に入れてくれる
  • 新しいpotファイルの内容と現在の翻訳(poファイル)をマージできる(テーマがアップデートされた場合なんかに便利)
  • 翻訳対象を右クリックすると、どこで使用されているのかリスト表示される(ソースファイル名:行)
  • 上記のリストをクリックすると、該当箇所のソースが別ウィンドウで表示される

色々と機能はあるけど、オンライン翻訳の提案機能があるだけでも買いだと思う。
しょっちゅう翻訳する人はPro版必携。

プロバイダを変えたら、隼が爆速になった

ITに詳しくない人がこの記事のタイトルを見たら、意味わからんだろうな。

今日、BB.exciteを解約した。
違約金6,000円なり。

今までに払った違約金の類の総額は一体いくらになるのか?
考えると気が遠くなる。

隼に乗り換えたのが、今年の夏。
auひかりからである。
理由は言わずもがな。

最大速度1Gbps。

ITに携わる者として、いつまでも見過ごすわけにはいくまい。
まぁ、So-netが2Gbpsのサービス始めているので最高速度ではない。
しかし、来年の2月に引っ越すので、開通しているかどうかわからないサービスに手を出すわけにはいかない。

で、隼に切り替える時にプロバイダをどうするか、
ということに当然なるわけだが、ここで最大の失敗をしてしまった。

長いことプロバイダの良し悪しなどろくに調べていなかったので、
「もういい加減プロバイダ間の差なんてなきに等しいだろう」とたかをくくって、
一番安いと言われたBB.exciteにしてしまったのだ。

それから今日までの4ヶ月間は地獄であった。
1Gbpsの隼に変えたのに、100Mbpsのauひかりより圧倒的に遅くなってしまったのだ。

もちろんNTTに連絡して計測してもらった。
問題なし。
つまりプロバイダの問題だった。

今だにプロバイダの選定が重要だとは思わなかった

今だにこれほど実効速度に差があるなんて、
なんというか、業界として全然進化していないということか。
それとも、これから隼が主流になる過渡期だからなのか。

ちなみにBB.exciteの速度は、
夜間のピーク時だと1Mbpsを切ることすらざらにある。
動画などまともに見れたものではなく、
たかだか50MBのファイルを落とすのにも結構待たされる始末。

1Mといえば、ADSL黎明期の速度。
いくらベストエフォートとはいえ、景品表示法違反に問われても文句はいえまい。

「この車は最大燃費30km/lです」と聞いて買ってみたら、
渋滞の時はリッター1kmも走らない車をつかまされたようなものだ。
しかも道がすいてる時でも、5km/lがせいぜい。

NTTもいい加減に一定以上の水準を維持できるプロバイダのみに回線を貸すとかして欲しい。

ともあれ、
超激安のBB.exciteが設備を増強してくれるとも思えなかったので、
今月の頭に別のプロバイダを契約。

ルーターの設定を変更して、接続先を変えてみると・・・・
爆速になった!

夜間でも400〜500Mbpsを記録する。
これぞ隼。
足かせを外された隼がこれほど空高く舞い上がるとは、一体誰が思ったことであろう。

プロバイダ料金は倍になったが、やっぱりウチの場合は速度品質が最優先課題である。

「当たればホームランです。」
なんて言われても、打率が低ければ意味がないのだよ。
多少高くても、3割20本打てる打者が欲しいんだ。

プロバイダも同じ。(ウチの場合はね)