MicrosoftのWindows10更新しろしろ攻撃がひどい

先々月についにWindows10にしたオレにはもうほぼ無関係な話ではあるけど、
MicrosoftによるWindows10アップグレード攻勢がすごいことになっているようだ。

ほとんどウィルスかマルウェア並み。

更新しろポップアップの右上の×ボタン押したら、更新始まるとか何なんだ。
もう自ら作ったUIの原則(右上の赤い×はキャンセルというお約束)を完璧に無視してるじゃん。

なんでそこまでして更新させるのに躍起なんだろうか。
まぁ、みんなが更新してくれればサポート期間を短縮できて、
サポート体制が必要なくなるので、その分かなりのコスト削減にはなるけどね。

とはいえ、顧客に嫌われてまでやるべきことなのか甚だ疑問は残る。
今後はOSでは金は儲からないと考えているのかもなぁ。

ていうか、実際Windows10は最後のナンバリングって言っているわけだから、
実際もうOSのアップグレードでお金を儲けるモデルは諦めているわけだ。

となると、レガシーなWindows(8以前すべて)は、早々に切りたいというのも
わかるっちゃあ、わかる。

そういえば、俺も使っていないWin7 Homeのライセンスが2つほどあるんだけど、
どうしたもんかなぁ。

最初はMacに仮想OSとして使おうと思って実際にインストールもしていたんだけど、
結局普段はWindowsいらんなぁとなって使っていない。

しかし、このまま放置すると7月29日にゴミと化す。

とりあえず仮想OSとしてインストールしたうえでWin10にアップグレードし、
Win10のプロダクトコードだけゲットしておけばいいんだろうか。

ていうか、どうせ無料にするんだから、ライセンスフリーにすればこんな面倒なことしなくて済むんだけどなぁ。
アクティベーションそのものがもういらんだろ。
あぁ、会社なんかのエンタープライズ版が売れなくなるのは困るからかな?あれは美味しそうだし。

そう考えると、
古いビジネスモデルがあまりに美味しいのでなかなか全てに踏ん切りをつけるわけにもいかず、
かといってこのままでは世間の新しいビジネスモデルに完全に遅れてついていけなくなるのも怖いという、

自己矛盾に陥っているのが今のMicrosoftなのかも知れないなぁ。

続・続・じぶんまくら

以前にじぶんまくらについて2回ほど書いた。
コレコレね。

で、結局というか、ついにオレ用のじぶんまくらも作った。
これで妻の枕争奪戦から解放される。

というのも、
じぶんまくらがあまりにも寝心地が良いので、
一眠りするときにオレが拝借していたり、
娘に至っては毎晩ちゃっかり自分がど真ん中に寝ていたりしていたからだ。

今回、いつも娘に結局とられるからということで、
なんと娘の分まで作ってしまった。

カバーやらなんやらで、合計9万円ほどになった。
3人分の枕で一体いくらになったのやら。
たぶん13とか14万円ぐらいいってるだろう。

枕だけにそんなに金かける家庭なんかまずいないだろう。
結局じぶんまくらマーケティングにやられてしまった。

まぁ、でもね、睡眠大事だよ。うん。
平均6時間も寝ていないオレが言うのもなんだけど。

睡眠時間は少ないけれど、
それでもじぶんまくらで寝た時の寝起きはすこぶる良い。

寝つきもいいし、睡眠で悩んでいるなら、
投資してみる価値はあると思う。

3万5千円。

高いとみるか、安いとみるか。
一度買えば永年メンテナンスフリーだし、オレは安いと思うけどね。
じぶんまくらへのリンクはココ

「生きていくための設計図」のたとえはまったく理解不能だが、
全国45万人の販売実績というのはすごい。

店頭に行くとわかるが、
とにかく店員の自信満々な様子がハンパない。
なかなか店員があそこまで商品に自信が持てることってないんじゃないかと思う。

超音波でハト対策

最近になって、ハトがベランダにやってくるようになった。
くるだけならいいが、フンを落としていく。

どうやら、特定のハトにターゲットにされたらしい。
妻いわく、いつも同じつがいのハトとのこと。

毎日フン掃除するのも大変なので、
何かいい方法はないかと探し始めた。

今までトリに悩まされたことはなかったので、
畑のかかし的とか、カラス対策のペットボトルあたりになるのかなぁと思っていたら、
超音波で撃退する方法があることがわかった。

いなくなって欲しい動物の大きさによって周波数が異なるらしいが、
とにかく、Amazonで見つけたセンサー式超音波発生器を使ってみることにした。

センサーに反応すると、設定した周波数の音が出力されるシロモノだ。
音といっても人間にはほぼ聞き取れないが動物には不快らしい。

「うるさいからココ出ていこう」と思ってもらおうということなのだろう。
しかも、動物が慣れないように、毎回周波数を微妙に変えるというコダワリぶり。
さらにソーラー充電がついている。

これで、お値段3,000円。
不安はなかったと言えば嘘になる。

それでもやってみるしかない。
なんか糸を張るとか、ホウ酸団子みたいなものを置くとかもあったけど、
邪魔くさいし、超音波でなんとかなるなら一番スマートかつ楽チンである。

3日ほど前にAmazonからブツが届いて、早速設置。
ちなみにその日の朝もフンをやられていた。
もうハトにとっては毎日の日課となっている。
完全に愛着を持たれてしまう前に、できる限り早く対処したい。

それから3日。

まったくフンが落ちていない。
完全勝利!
超音波スゲー!

まだ3日なので、そのうち慣れてしまう可能性はあるけど、
とりあえずの勝利の美酒(コカ・コーラ)に酔いしれるのであった。

一人っ子時代

娘が兄弟が欲しいと言い出した。
多分無理。
両親が仕事をしていると、特にウチの場合は両方とも会社経営なのでなおさらだ。
ウチの場合、妻の両親が同じマンションに住んでいるから回っているようなものだ。
ただ、二人とも仕事場は自宅なので、娘が放ったらかしになることはない。

ウチのようなケースはまれだろうが、
それでも一人がやっとだ。

日本では、一人っ子の割合が少しずつ上がってきている。
おそらく晩婚化の影響だと思う。
最近は35歳で初婚というのも当たり前のように聞く。
以前は最低でも30歳までにというのが基準だったと思うが、
なしくずし的に遅くなってきている。

晩婚化に拍車をかけているのは、
残業が多いからとか、平均年収が下がってきているからとか、
色々な理由が取りざたされているようだ。

少子化対策とか何だとか政府は言っているけど、
年収が下がってきているんだから、まぁ解決は無理だろう。

個人的には、源泉徴収をやめれば出生率は多少上がるような気はする。
まぁ、でもこれもないね。

唯一明るい話題は、
一人っ子の親は、子どもにけっこうお金をかける、ということ。

一人しかいないからこそお金をかける。特に教育。
なので、幼児〜小学生向けの教育は景気がよくなる傾向はあると思う。

中国でも、一人っ子政策を実施していたときは、
都市部の親の子どもの教育に対する熱の入れようはハンパなかったみたいだしね。
ウチも一人だからその気持ちはよくわかる。

今後も一人っ子の割合は増えていくんだろうけど、
一人っ子が圧倒的に多い時代、つまり一人っ子時代になってしまったら、
いったいこの国はどうなるんだろう、と一抹の不安は覚える。

なぜバレーボールの国際大会は日本でばかり開催されるのか

バレーボール女子日本代表がリオデジャネイロ五輪への切符を手にした。
それはめでたい。

でもね、いつも思うんだけど、
なんでバレーボールの国際大会って日本でばかりやるんだろうか。
気のせいか?

あと、ジャニーズが必ずいるね。今もいるんでしょ?たぶん。
あの周辺ウザイね、うん。
ジャニーズ好きな人はいいんだろうけど、
そうでない人にとっては、わざわざジャニーズを写すのやめて欲しいだろうに。
まぁ、観客席埋めるのにはもってこいなんだろうけど。
スカスカだとバレー大丈夫か?ってなるしね。

・・・本題から外れた。

とにかく、バレーボールに限っては日本はいつもホームゲームだ。
ほとんどアウェイの試合を知らないんじゃないだろうか。
それでもオリンピックの舞台でメダル取ったりしてるんだから立派なもんだけどね。

日本にとってはそれでいいが、
他の国がなんでこの状況を受け入れているのかよくわからない。

オリンピックレベルの試合をするための設備が日本にしかないのか?
でもイタリアとかは国内リーグあったような。

で、ちょっと調べてみたら、
どうやら、日本でやらないと儲からない、ということらしい。

世界的には、バレーボールはマイナーすぎて人が集まらないし、
放映権料も大して出ないと。

そんなこともあり、FIVB(国際バレーボール連盟)的には、
日本が弱くなって人気がなくなるのが最も困るシナリオだ。

ゆえに、国際大会であるにもかかわらず日本戦だけは特別扱いで、
セット間にCMを挟むために休憩がとられるらしい。
面白すぎる。

バレーボールの本場はヨーロッパとか言われているようだが、
その存続は、ほぼ日本の人気に依存していようとは。