自動運転車の未来

最近は、自動運転の車が話題に上ることが増えてきた。

個人的な印象としては、
なんかあっとういう間に現実味を帯びてきたなぁ、という感じ。

もっと先のことかと思っていたけど、
すでに公道で試験までされていて、
法整備さえ整えば、数年以内にも市場投入されるとかされないとか。
って、AI掃除機じゃないんだけどなぁ。

自動運転中に人を轢いたら、
いったい誰にせいになるんだろうね。
センサーが動作してなかったとかなら、
整備不良で所有者の責任が問われるだろうし、
ソフトウェアの問題なら製造元が責任を取る?
製造する側もリスク高いなぁ。

ポジティブな側面

とはいえ、
いつかは市場に投入されるだろうし、
楽しみな面もたくさんある。

まず、シートの配置が大幅に変わる可能性がある。
今までは全員が前を向いていたけど、
自動運転になったら、車の中は団らんの場所になるので、
同乗者の顔がみえるような配置になるのではないか。
もちろん、なんらかの形でマニュアル運転はできるようにするだろうけど。

当然、乗車体験も変わる。
今までは単なる目的地までの移動手段であり、
精神的にも肉体的にも負担を強いるものだったけど、
自動運転では、移動中すらゆったりと時間を過ごす場となりえる。

あと、個人的には、
子供の送迎とかが劇的に楽になるなぁと思っている。
まぁ、すぐに子供だけ乗せて送迎できるようになるとは思えないけど、
いつかはそうなるだろう。

一方で、運転手という職業は、
かなり減ることになるだろうね。
タクシーにせよ、トラックにせよ、
それで食っている人たちは、職業選択を迫られることになりそうだ。

マニュアル運転の原則禁止

自動運転車にとって、もっとも脅威となるのは、
人間による気まぐれな運転のようだ。

Googleが行っている公道における自動運転のテストで、
何件か事故が起きたようだが、
いずれも予期せぬ人間の運転が絡んだものだったという。

となると、
自動運転が当たり前の未来では、
不測の事態をできる限り避けるという目的からすると、
人間が運転するのは禁止にしたほうが都合が良い。

急いでいるとか、
彼女に振られたとか、
嫁とケンカしたとか、
精神状態によって運転が変わる人間に車を操作させるのは、
危険極まりない。

常に一定の基準を守って運転をする、自動運転のほうがより安全である、
という結論になったとしても不思議はない。

それと、マニュアル運転を禁止すると、
大幅な渋滞の緩和が実現できると思う。

このあたりは、各車がネットワークに接続されることが前提だけど、
各車の目的地とルートから自動的に最適化とかされるんじゃないだろうか。

また、完全に自動運転化された社会に信号があるかどうかはわからないけど、
信号が青になったら、
今までは先頭の車から少しずつ動いていたけど、
全車が自動運転なら、一斉に同じスピードで動き出すことができる。
そう、あたかも軍隊の行進のように。これはけっこうデカイと思う。

まぁ、完全自動運転社会なんて、
本当にまだまだ先の話だけどね。

コメントする