アマゾン依存症

オレも妻もネット通販を利用しまくっているため、
うちにはしょっちゅう荷物が届く。

ヤマトや佐川の人も、
「またここか・・・」
と思っていることだろう。

さっき、ここ半年の購入履歴を見たら、34件あった。
2015年だけでも63件。
もちろん、1件に複数の商品が含まれることもある。

ペースとしては、ほぼ週に1回はアマゾンで何かを買っているということだ。

妻も同じぐらい通販しているので、
週に2〜3回は配達がやってくる。

いや〜、完全にアマゾン依存症だわ。
そらプライム会員にもなるよ。

昔は、何か欲しいと思っても、
ビックカメラとかヨドバシカメラに行かないと買えなかったけど、
今はネット上ですぐに買える。

あまりにそれが当たり前になってしまっていて、
ちょっと感覚が狂ってるのかも知れない。

アマゾンで買えば、
交通費もかからないし、
配達料もほぼかからないし、
時間は節約できるし、
たいていどこよりも安く買える。

う〜ん。いいことだらけだ。
オレたちはその代わりに何を失っているんだろう?

低コスト社会による、
低所得者層の拡大か?
経済の停滞か?

もし、それがわかっていたとしても、
アマゾン依存症から脱却することは非常に困難だろう。

メールアドレスを2回入力させることに意味はあるのか?

どこかのサイトで新規にユーザー登録する時なんかに、
メールアドレスを2回入力させられることがある。

昔は当たり前のようにあった形式だが、最近はあまり見ない。
それでもやはりたまに見かけることはある。

正直面倒なだけだ。
確認用のフォームがペーストを制限している場合は特に。

オレの場合、
メールアドレスを入力する時に1文字1文字入力することはない。
クリップボードユーティリティを使っているので、
ショートカットでほぼ一発で入力が完了する。

なので、打ち間違えることはありえない。
一方で、ペーストが禁止されてしまうと、
クリップボードユーティリティによる入力がブロックされてしまうので、
自分で入力せねばならず、ここで打ち間違える可能性が出てくる。

これって本末転倒だよなぁ、といつも思う。

もちろんクリップボードユーティリティを
使っているユーザーなんて世の中では少数派だろう。

でもユーザー辞書に、「めーる」の変換候補として
自分のメールアドレスを登録している人は
そこそこいるんじゃないか。
この場合も打ち間違いはほぼないだろう。

2回入力させることで
メールアドレスが間違っていることに気づくこともあるんだろう。
オレは未だかつて一度もないけど、
実際どのぐらいここでひっかる人がいるんだろうなぁ。

今は登録情報を送信後に、
確認URLがついたメールを飛ばすことが多いので、
メールアドレスの間違いはそこで弾ける。

ほとんど間違うことのない部分で、
ユーザーに無駄な負担をかけることに意味はあるんだろうか。

エアコンマイスター風雲児という悪徳業者

なんというか、今時こんな業者がまだいるんだなぁ、と。

エアコンを追加したので、工事を頼んだ業者なのだが、
最初電話したが誰も出ないので、ホームページの問い合わせフォームから頼んだら、
携帯から電話がかかってきた。

工事後、温風の出が他の部屋のエアコンと比べて明らかに悪いので、
電話したのだが、やはり全く電話に出る気配がない。

ちなみにこの業者は、
工事後1年間は不具合を無償で対応するとホームページで謳っている。

問い合わせフォームで送っても、
あれから2ヶ月ほど経ったが返事は来ない。

いくら電話をかけても、全く出ない。
時間帯に関わらず、出ない。

もしや潰れたのか?とも思ったが、
そうでもないようだ。

さっき、ホームページを見たら、
現在、お電話が大変繋がりにくい状況になっております。
と書いてあった。

いや、電話はつながって鳴ってるんだけど、誰も出ないんだよ。

もうわざとそうしてるとしか思えん。
要するに、ネットからの新規申し込みにだけ対応してあとは知らんぷりということなのだろう。

こんなことしてたら、まずリピーターはどんどんいなくなる。
クレームを全て排除するために電話に出ないのだから、
電話による新規が取れないためそれだけ逸失利益もあるだろう。

これ、どんどんジリ貧になっていくパターンだわ。
たぶんそのうち潰れる。

世の中そんなに甘くない。

ソフマップのネット買取がスゴかった

今回PCを新調したことで、古いPCをどうしたものかと頭を抱えていた。

正直、今まで中古の買取でまともな値段なんてついたことがないから、
売るの面倒だし、捨てちゃおうかとも思っていた。

しかし、現在はPCを粗大ゴミで捨てるわけにはいかないので、
お金を払ってリサイクルをするか、
中古の買取をしてもらうしかないのだ。

しかも、少し前にiMacも新調したので、
iMacとPCで2台も処分しなければならない。

まず、
iMacは誰か欲しいという人がいればあげてもいいと思っていたのだが、
とにかく重いので送るのが面倒だし、「じゃぁ、着払いで送るね。」と言うのもなんだかなぁ。

5年も前のモデルだが、iMacはそこそこ人気もあるから、少しは値がつくのかなと思って
ネットで調べると、ソフマップの買取が良いという情報を得た。

ソフマップで検索すると、なんと最大55,000円で買い取るとのこと。
「まじか。でも、こういうのって最大いくらって言うだけで、実際には1万円とかで買い叩かれるんだろうな。」
と思ったが、他に選択肢もないので手続きをした。
純正の箱はデカすぎて捨ててしまっていたため、梱包が大変だった。

次に、前のPC。
グラフィックボード(GeForce GTX 770)だけはそこそこ値がつくだろうとは思っていた。
それ以外はまぁゴミみたいなもんだろうな、と。
ただ一番処分に困りそうなのはPCケース。デカイ。
しかもマウスコンピュータの代物なのでこんなもん売れるわけないよな、と。

色々考えた挙句、ダメもとでハードオフに持ち込んでみることに。

PC内のパーツを電源を除いて取り外し、
キレイにホコリをとって、
いざハードオフへ。
ついでに余った24インチのモニタも持っていった。

やはりというか、値段は散々で、モニタが3,000円ついたものの、
CPU(core i7-950)が300円。
マザーボードが300円。
PCケースが600円。
GTX 770も300円(PCケースより安いのかよ!)。

しょんぼりしつつ、
さすがに、グラフィックカードだけは持って帰ってきた。
まぁ一番困りそうだったPCケースを引き取ってもらえて良かった。

と、
帰ってきたら、ソフマップからiMacの査定が戻ってきていた。

なんと、約50,000円で買い取るとのこと。
まじか、すげーなソフマップ!
ソッコー承諾メールを送る。

ついでに、
持ち帰ったGTX 770を検索すると、12,000円!
こんなことならCPUも持って帰って来れば良かった。
検索したら2,500円だった。(ちくしょう)

さっそく再度ソフマップで買取を申し込んだ。
GTX 770に加えて、その前に使っていたHD5870もつけた。

しかし、今回全部捨てていたら、
65,000円近くドブに捨てるところだったなぁ。
いや、リサイクルにお金払っていたとしたら8万円ぐらい損していたかも。

これからは、全部ソフマップで買い取ってもらおう。
やっぱりヤフオクは面倒だし。

ハードオフには、いらないけど捨てるに困ったものを持って行こう(笑)。
あ、でも中古でもいいからアレがちょっと欲しいという場合には重宝するかも。

三菱自動車の燃費不正で三菱は終わるのか

国産車でまさかの燃費不正。
ちょっとびっくり。

実はウチのすぐ近くに三菱自動車の販売店とサービス工場がある。
かなり大きい敷地だ。
どうやら京都三菱自動車の本社ということらしい。

オレの部屋から、サービス工場の様子が見えるのだが、
やはりどこか歩いている整備士も元気がない・・・
かどうかはわからない(普段見てないし)が、
現場的にはどうなんだろう。

以前のリコール隠しの件もあり、
「またかよ」という思いが現場にあってもおかしくはない。

検査部長が不正を指示したということで、
不正をやらされたエンジニアも、それこそ忸怩たる思いだったのではないかと思う。
それが技術者ってもんだ。

検査部長は燃費なんて安全性能に比べれば大した問題ではないと思ったのだろうか。

しかし、今回の一件は提携先の日産からの指摘で明るみになったというあたり興味深い。
やっぱり社長が外人だからかなぁ。
社長が日本人だったら、内部的に処理したんじゃないだろうかとも思う。

「日本の恥」だと思ってね。

しかし、今回の件はフォルクスワーゲンの排気ガス不正のこともあり、
かなりダメージはデカそう。

でも、
今なら三菱の新車が安く買えるんじゃないかと思うのはオレだけか。
アウトランダーPHEVなんか、なかなか良さそうじゃない。

ま、オレはマツダ派なんだけれども。