IEのサポートはどのバージョンまですべきか

今日、zendeskにログインしたら、画面上部にこんなアラートが。

Zendeskは、まもなくInternet Explorer 8、9および10のサポートを終了します。

へ〜、なかなか思い切ったことするなぁ、と。

Zendeskの説明を読むと、
これは、Microsoftのライフサイクルポリシーに準じたものだとのこと。

え、MSってもうIE10のサポート切るの?と思って調べてみた。

IE10がリリースされたのは、2012年8月。
つまりまだ4年経ってない。

MSのサポート ライフサイクルのページを見ると、
実際にはWindows Vista SP2の場合のみIE9のサポートを続けるようだ。
Vista以前はOSそのものがサポート終了している。

しかし、Windows7以降ではIE11以上しかサポートされない。
こうしてみると、MSもライフサイクル早めたんだなぁ。

ZendeskがIE10を切ったのは、Vista使ってるやつなんてほとんどいないよね、
ということなのだろう。
それでもまだ日本国内で1.5%ぐらいのユーザーがいるみたいだけど。

しかしこうしてみると、
確かにZendeskの判断は真当なように見える。
IEの古いバージョンサポートするのって面倒だし、費用対効果低いし。

IE11以上しかサポートしませんよ〜、というWebサービスは今年増えそうだ。

コメントする