WindowsとMacの最大の違い

今までに購入したApple製品の数を考えると、
オレはもう、Apple信者と言っていいと思う。

Mac歴はWindows歴に遥かにおよばないのに、
Mac機とWindows機の購入台数は、あまり変わらない。

なぜこれほどまでに、Apple製品には
中毒性があるのだろうか?

Macというコンピュータは、
OSそのものの使い勝手もそうだが、
ハードウェアの使い勝手も進化させ続けてきた。

単に見た目としてのデザインが洗練されているというだけでなく、
UIに真の革新をもたらしてきた。
これはWindowsにはできなかったことだ。

WindowsとMacの最大の違いは、
Windowsは、ハードとソフトを切り離すことで進化してきたのに対し、
Macが双方を完全に一体のものとして進化してきたことだと思う。

この全く異なるアプローチで、それぞれが進化してきたのはとても興味深い。

当初の勝者はWindows陣営だった。
ハードを切り離し、膨大なハードウェアサードパーティを取り込むことで、
ハードの価格を劇的に下げたWindows機は市場を席巻した。

ハードを切り離したことで、ユーザーには溢れるほどの選択肢は増えたが、
あまりに選択肢が増えすぎてカオスともいえる状況になった。
また、多くのハードウェアが動くプラットフォームということは、
多くのハードウェアをサポートできるように作らねばならないという足かせをWindowsに課したともいえる。

一方、Macはというと、一貫してハードとOSを一緒に提供し続けている。
ハードの選定は全てAppleが行い、
基本的にユーザーはAppleの出す提案の中からしか選ぶことはできない。

ユーザーは選択肢が少ない代わりに、専門知識がなくても選択しなくても良いというメリットと、
確実に動作するコンピューターを手に入れられることを可能にした。
特定のハードに特化し、それのみをサポートすることで得られる安定性を手に入れられるのがMacの特徴だろう。

以前は割高だったMacが最近はこなれた価格になってきたことで、
Macを選ぶユーザーは増えてきている。

今でもシェアはWindowsが圧倒的に高いが、
なぜかカフェにおけるMac率は異常に高い。

今でもオフィスにおいてはWindowsが圧倒的なシェアを持っているのは確実だが、
家庭においてはMacがどんどんWindowsのシェアを侵食していると思う。
特に先進国においてはMacのシェアが上がっている可能性が高い。

MicroSoftが投入したWindows PhoneやSurfaceは、悲しいくらいにAppleの戦略とかぶる。
Windows10もMac OSXと同じく、定期的な無償アップデートを続けていくモデルに移行した。
今や、戦略においてはMicrosoftは完全にAppleの後追いだ。

Windows Phoneは時すでに遅しで、ほぼ撤退状態。
しかしSurfaceは、Appleのラインナップとは少しずれるので一定の成果を見せている。

MSは今も巨大な企業であり、Officeから得ている収益は今もバカにならないだろう。
とはいえ、そこに安穏としていられない焦りみたいなものも感じる。

今後、WindowsとMacがどんな風に進化していくのか個人的には楽しみではある。
ただ、前にも書いたがWindowsは一回ゼロから作り直したほうがいい。

子を持つ喜び

実際に妻が妊娠するまで、
すごく子供が欲しいと思ったことはなかった。

赤ちゃんがかわいいという、感情もほとんど持ったこともなかった。
要するに子供に興味は無かったのだ。

それが、妻が妊娠したとわかった途端、
不思議な感覚に襲われた。

自分の分身が、妻のお腹に、いる。

それだけで、とても不思議な気持ちになった。
生命の神秘を感じた。

妻は胎教を実践していて、
お腹にいる時から絵本を読み聞かせていた。

夜、絵本を読み始めると、
お腹の中の娘は元気良く動き出し、足でお腹を蹴った。

産まれる前から、我々親子はコミュニケーションを取り始めていた。

今は不妊治療をしている夫婦がとても多い。
同級生にも一人いた。

不妊治療はかなりお金がかかる。
なかなか結果が出ない友人は、ある日
「できんかったら、できんかったでオレはいいんやけどな」
と少しボヤくように言っていた。

その頃、すでに娘が産まれていたオレは、
「確かに金はかかるだろうけど、やれるところまで精一杯やったほうがいいで」と言った。

その頃、オレは
子供がいない人生なんて、人生で得られる喜びを半分を捨てたようなものだと思っていたが、
さすがにそれは言えなかった。

子供のいない人生を否定するつもりはないが、
それでも、持つチャンスがあるなら持つことをお勧めしたい。

ちなみに不妊治療していた同級生はその後、
ぶじ子供ができて、今は子供にベタ惚れだ。

グローバル型ネットスーパーが導く未来

ネットスーパーが実運用されるようになって結構経つ。
たしか5年ぐらい前がネットスーパーの元年ぐらいだと思う。

最近アマゾンがネットスーパーを始めたが、これによってネットスーパーの進化は加速すると思う。

今までのネットスーパーは、
既存のスーパーが自店舗の周辺地域に対して、
指定した品物を宅配するというものだった。
ローカルサービスだったのだ。

それが、アマゾンの参入により、
よりグローバルなサービスに変化してしまった。

これが一般化したら日本の物流はパンクしないのだろうか?
という疑念も湧く。

おそらくトラック運転手や、バイクの宅配運転手などが今後増えるだろう。

ネットスーパーが流行るといっても、実物を見て買い物をしたいという層は確実に存在するし、
生鮮食品だけは実物を見て買うといった選択的にネットスーパーを利用するユーザーも現れるだろう。

いずれにしても、もう、
ネットで買えない日常生活品は無くなりつつある。
なんてたって、2時間以内に届けてくれるんだから、
その日に献立を考えてからネット注文したって夕食に間に合うのだ。

高齢者になると、駅前のマンションが一番楽だというが、
スーパーに自分で買い出しに行く必要がないのなら、
駅前に住む必要もあまりないだろう。

バス停の近くであれば特に問題ないような気がする。
シルバーパスとかもあるから、格安で移動できる。

今後増え続ける高齢者が、
駅前に住まなくてもいいのなら、地価や家賃は全体として分散し、
平準化される可能性がある。

ネットの買い物で一番の弱点だった生鮮食品が、
地域に関係なくネット注文できてしまうようになるということは、
思っている以上にインパクトのあることなのかも知れない。

WordPressプラグイン開発 – WordPressは本体の設計がクソ

WordPressのプラグライン開発をし始めてしばらく経つ。

で、さらに色々とわかってきたのだが、
WordPressは本体の設計がクソだ。

なんか、前にも同じようなことを書いた気がするが、
知れば知るほどクソだ。

いや、簡単な処理をちょっと加える程度なら、
これでもいいのかも知れない。
というか、逆に楽だろう。

でも、
そこそこちゃんとした機能を実装しようと思うと、
とたんに面倒なことになる。

元がMVCのような役割別にクラスが設計されておらず、
機能別(ユーザー編集なら、user-edit.phpとか)にクラスやファイルが別れている。
クラスならまだいいほうで、
グローバル変数とグローバル関数のオンパレードだったりするので、もうぐちゃぐちゃである。

そうだなぁ。
Windowsで例えるなら、MFCが誕生したばかりで、
MFCとWin32APIを組み合わせてプログラム書いてるみたいな感じ?
っていつの時代や!

世に出回っているプラグインも大半がそんな感じで作られているのも、
そういった本体の設計方針が深く関わっていると思う。

しょうがないので、
開発しながら、WordPressの仕組みを理解しつつ
自分なりのフレームワーク的なものを作り込んでいくしかないのが現状。

開発に無駄に時間かかるなぁ、と思う今日この頃。

いやぁ、でも一説にはWordPressは全世界の4分の1のサイトで採用されているとも言われているので、ビジネスチャンスはめちゃくちゃあるんだよなぁ。
競合も多いけど。

子供に落語?

妻が娘のために落語のCDを買ってきた。

なんでも、今は子供向けの落語CDというのが売っているらしい。
落語の何が子供によいというのか・・・。

実際に一緒に聞いてみると、
確かに落語が子供によいというのもわかるような気がしてきた。

1. 話し方が面白い
落語家は話のプロだということを忘れていた。
久しぶりに落語を聞いたが、やっぱりプロはすごい。
これなら子供が話に引き込まれるのもわかる。
娘はCDがかかり始めた瞬間からケタケタ笑っていた。

2. 話の展開が早い
落語は基本的に話すスピードが早い。
最近は大人でも速聴をする人が多いが、同じような効果があるのだろう。

3. 言葉遊び
落語には言葉遊びの要素がけっこう入っているので、
聞いているだけで言葉の学びになる。

4. オチ
落語には必ずオチがある。
これはちょっとしたとんちみたいなものだが、
最初はわからなくても説明してあげればわかるだろう。
オチが理解できるようになれば成長の証といえるだろう。

NHKから出ているものだけでも10種類ぐらいのCDがあるらしい。
これから落語CDが増えることになりそうだ。