Apple Musicの良さとは何か?

Apple Musicがサービスインしてから、10ヶ月ほど経過したと思うが、サービスイン直後からずっとApple Musicをずっと使っているオレが、今更ながらApple Musicについて語ってみたい。

2015年は日本にとって音楽定額サービス元年だった。
音楽定額サービス。
そんなもんが本当に実現するとは、5年前には想像すらできなかった。
いい時代になったものだ。
もうしばらくCDを買っていないが、今後はさらに買うことはないだろう。

さて、世界的には音楽定額サービスはいくつかあるわけだけど、
オレはApple Musicしか使ったことはないので、比較はできない。
なので、ここでは純粋にApple Musicのことしか書かない。というか書けない。

定額になって変わること

利用開始直後は、サルのようにあれもこれもと好きなアーティストの音楽を漁っていた。
しかし、そんなものはすぐに飽きる。

人間、いつでも好きな時に手に入るとなれば、それほど渇望はしなくなるものだ。
これは多分そうなるだろうと思っていた。

ここで利用を止める人もいるだろう。
(利用を止めると今までApple Music上で聴けていた音楽は全て聴けなくなる。)

じゃあ、何が変わったのか?

たまたま聞いた曲をすぐにダウンロードできる

CMとか店にかかっていた曲が気になったという経験をしたことが誰でもあるだろう。
そんな時に曲名さえわかれば、すぐにダウンロードできる。

ただ、日本の場合はApple Musicに音楽を提供していないアーティストも多いので常に手に入るとは限らない。
洋楽の場合は、たいてい手に入る。

いいな、と思った曲をワンクリックでローテーションに入れられるのは、想像以上にストレスフリーだ。

ライブラリ上で見つけたアーティストを大人ダウンロードできる

Apple Musicの「New」に行くと、今人気がある曲や最新のアルバムなどが掲載されている。
ここでは、タワレコに置いてあるヘッドホンよろしく、色々と曲を聴いてみることができる。

タワレコとの違いは、すべての曲が聴けるということだろう。

そこでたまに、「これモロにオレのツボ」というアーティストを見つけることがある。
CD時代では、こんな時は試しにアルバムを1枚買ってみる、ということをしていたわけだが、
Apple Musicでは、とりあえずめぼしいアルバムを全部マイライブラリに入れてしまえる。

大人買いならぬ、大人ダウンロード。これができる。

色々考えるとコスパ高い

オレの場合、家で仕事しているので音楽を聴きながら仕事をすることも多い。

上のような使い方ができるのなら、1,000円程度の月額はかなりコストパフォーマンスが高い。
実は、常時ネット環境ならわざわざ曲をダウンロードする必要はなく、オンラインで聴くことできるのでハードディスクを圧迫することもないのだ。

どうせダウンロードしたところで自分のものになるわけではない。
Apple Musicを解約をしたら今までダウンロードした音楽を聴く権利は失われるからだ。実際聴けないようになっている。

ダウンロードした曲も暗号化されているので、他のデバイスやソフトで再生することはできない。
完全にiTunesに閉じた音楽なのだ。

だから、Apple Musicは音楽ダウンロードし放題のサービスだと思ってはいけない。
定額かつ無制限の音楽レンタルサービスなのだ。

それが納得できれば、Apple Musicはあなたにとって良いサービスとなるだろう。

コメントする