iMac Retina 5K Late 2015が来た!

ついに来た!
来たのはウレシイが、セットアップがメンドイ!
なんつってもデータ移行がメンドイ!
でもやるしかない!

というわけで、iMac Retina 5Kです。はい。
今まで使っていたのは、iMac Mid2011の27インチ。

late2014の中古にしようか悩んだけど、
もうちょっとお金を出して、長く使うことを選択。
ちょうどCPUもSkylakeに移行したタイミングというものある。

正直Mid2011でも使えなくはない。
でも、メモリがけっこうきつかった。

Mid2011の最大容量である16GBに増設していたのだけど、
システム開発のためにVagrantで仮想OSを2台走らせながら、
PHPStormとか、Photoshopとか、iTunesとか、
タブを大量に開いたChromeとかを同時に使うとメモリなんかあっという間にギリギリになる。

やっぱきついな、と。
というわけでiMacを新調することにした。5年も使えばまぁよかろう。

iMacはApple Storeでは買わなかった。
理由はいくら何でも高すぎるから。
さすがに価格コムと4万円違ってくるとApple Storeでは買えないわ。

iMacRetina5K

カスタマイズはできないので、最上位の機種にしてメモリだけ自分で購入した。
メモリは最初から32GBにすると決めていたがメモリの選定にかなり時間を使った。
この点については明日書こうと思う。

嬉しい誤算は、購入前にかなり悩んだPremiere ProのGPUサポート、
いわゆるMercury Playback Engineなんだけど、
Premiere Pro起動してみたら、普通に使えそうな感じ。

mercury-playback

AdobeのサイトにあるGPUのリストにはなかったので、正直、これは諦めていた。
まだ実際に編集したわけではないので、どの程度使えるのかはわからないんだけれども。CUDAじゃなくてOpenCLだし。

前と同じ27インチなんだけど、やっぱりRetinaは綺麗だなぁ。
データの移行でMid2011を並べて置いてあるんだけど、Mid2011の画面が見づらくてしょうがない(笑)。

まだ重い作業はしていないので、どのぐらい処理能力が上がっているのか実感できていないんだけど、とりあえずメモリは余裕だ。
仮にきつくなっても、5K late2015は公式の仕様では32GBまでなんだけど、実際には64GBまで積めるらしい。

さぁ、頑張るぞ〜。