使いやすいUIとは何か? トラックパッド編

前回、マウスはロジクールに尽きるという話をした。
今日はトラックパッドについて語りたい。

トラックパッドの歴史は結構古い。
オレの知る限りでは初代VAIOノートあたりからトラックパッドがノートパソコンに付くようになった、
と記憶している。

なけなしの貯金をはたいて最初に買ったノートパソコンが初代VAIOノートだった。
ちなみに、Macを使うようになるまではオレのノートパソコンはほぼVAIOだった。
記憶にあるだけで、4台は買った。

話を元に戻そう。

とにかくトラックパッドは結構前からあるということだ。
初期のトラックパッドはマウスなしでもポインタが操作できるようにするためのもの
というだけの存在価値でしかなかった。

正直使いやすいものとは言えなかった。
そんなトラックパッドも少しずつ進化してきた。

例えば、
トラックパッドの右端のエリアをホイールとして使えるようになったり、
マウスジェスチャーならぬトラックパッドジェスチャーが実装されたり。

しかし、いずれもマウスの概念を超えることはなかった。

Appleがトラックパッドに革命を起こした

ところが、Appleによってトラックパッドはその存在意義を大きく変えた。
以前は単なるマウスの代替でしかなかったものが、
トラックパッドでしかできない操作が加わったのだ。

Appleによってトラックパッドは独立を果たした。

画像を回転するのに、指2本を置いてねじる。
画像のなどの拡大・縮小をするのに、指2本を広げる・縮める。
ブラウザの戻る・進むを指2本でスワイプ。
仮想デスクトップの切り替えを指4本でスワイプ。

など、
トラックパッドだからこそ実現できる直感的な操作が実装された。

このAppleによるトラックパッド革命により、
マウスかトラックパッドか?という二者択一ではなく、
マウスとトラックパッドを併用するという選択肢ができた
ことをオレは知った。

マウスとトラックパッドを併用する意味

オレは、基本的にインターフェースは適所適材だと思っている。

そういった意味で、同じパソコンを利用する場合でも、
マウスを利用したほうがいいシーンと、
トラックパッドを利用したほうがいいシーンというのが存在する。

例えば、オレの場合ブラウザの操作はほぼトラックパッドを使う。
しかし、画像編集などデザイン的な仕事はほぼマウスを使う。
また、プログラミングをする時はほぼキーボードだ。カーソルの移動すらキーボードを使う。

だから、オレのiMacの前には、
左からキーボード、トラックパッド、マウスと並んでいる。

おそらくこれがベストの布陣だ。(当たり前か)

ただ、残念ながらAppleのトラックパッドはMacでしか使えない。
それがWindowsの操作性を相対的にさらに低くさせていると思う。

トラックパッドとタッチスクリーンは共存する

トラックパッドとタッチスクリーンは補完関係にある。

タッチスクリーンはスマホやタブレット端末で威力を発揮するが、
デスクトップパソコンやノートパソコンでは使いづらいだけだ。
ここではトラックパッドのほうが適しているだろう。

まだしばらくはトラックパッドは活躍し続ける。

コメントする