使いやすいUIとは何か? マウス編

正直、マウスはロジクール一択だと思っている。

他のメーカーがダメダメ過ぎて、ロジクールしか選びようがない。
もちろん全てのメーカーのマウスを知っているわけではないけど、
ロジクール以外考えられないという人は結構多いはず。

じゃあ、なんでロジクールなんだろう?
という視点で考えてみることにする。

正確なスキャニング

マウスとしては当たり前のことだし、
現在これができないようなメーカーは見向きもされないだろう。

ロジクールとは関係ないが、
かつてゴム製のボールの回転を読んでポインタの移動を検知していたマウスを知るものとしては、
現在主流のレーザー検知のマウスが出た時の感動はひとしおだった。

今はレーザー検知でも、
どんな素材の上でも正確に検知できるかどうかによって性能が判断される。

スキャニングは、マウスの使い勝手に直接影響するだけに、
ロジクールのスキャニングの安定性がユーザーに支持されているのは間違いないと思う。

操作性

オレの知る限り、
いわゆる人間工学的なデザインをマウスに取り入れたのは、
マイクロソフトだと思うが、
ロジクールはそれをさらに発展させた企業ではないかと思う。

それは、親指側と小指側にラバーをつけることで
持ちやすさとホールド感を向上しているところとか、
ホイールにラバーをつけることで、ホイールの操作性を向上したり
というところに現れている。

またオレの場合、マウスの滑りやすさをかなり重視しているのだが、
ロジクールのマウスはこの点でもほとんどハズレがない。

それと、ロジクールのマウスはクリック感が半端なくよい。
心地よいクリック感は意外に重要だ。

安物のマウスのボタンは、押した感じが鈍く重い。
そう、鈍重という言葉が似合う。
ロジクールのそれは、しっかり押した感がありながら、かつ押すのに力がいらない。

デザイン

デザインはロジクールが急激な躍進をとげた最大の理由かもしれない。
当時、マイクロソフトのマウスもなかなかのデザインだったが、
ロジクールのデザインは他と比べて頭一つ抜き出ていた。

黒を基調としながらも、
各パーツの素材感を生かした流線型のフォルムが他を圧倒していた。

現在はロジクールを真似したデザインの安価なマウスが多く出回っているが、
実物を見るとやはり素材が安っぽい。
ロジクールにも安価なモデルはあるが、素材はそれほど安っぽくない。
正にロジクールクオリティ。

AppleのMagicMouseよりもロジクール

iMacを買うともれなくついてくるMagicMouse(マジックマウス)。
デザインは秀逸。
おそらく世に出ているマウスの中で最も美しいマウスだろう。
さすがApple。

でも、使い勝手となると褒められたものではない。
滑りが悪いので、ポインティングに手間取る。
ボタンのクリック感はあるものの、重い。
指を滑らすことで動かすホイールは反応がイマイチで使いにくい。

なので、
今ではMacのヘビーユーザーとなったオレも、
マウスだけはずっとロジクールだ。
若干見た目の組み合わせはイマイチではあるものの、
ロジクールから離れることはできない。

ロジクールがMacに合う配色のマウスを出したら、
みんなMagicMouseなど使わないのではないか。

いずれにしても、
オレはこれからもずっとロジクールを使い続けると思う。

コメントする