MSはマジでWindowsをゼロから作り直せ

現在Windows機は1台で、Windows7を使っており、
Windows10への移行は静観をしている。

MSによると、Windows10は最後のナンバリングとなり、
今後は小規模なアップデートを頻繁に行うという。

要するにApple方式に変わるということだ。
OSにお金を払うこともなくなるだろう。

それはそうと、
Windows10は結局以前のOSの資産の上に成り立っている。

そこがとにかく問題だ。

WindowsというOSは、IT技術者から見ればひどいOSだ。
最新のテクノロジーを使ったりもしているだろうが、
ベースとなるOSの設計が古すぎる。

いまだに貧弱なコマンドしか実装されていないし、
ネットワーク周りの設定UIは悪夢のようだ。

他にも、昔から改善されていないところがたくさんある。
とにかく設定周りのUIがクソである。

これだけ長いことOSを作ってきて、
いまだにこの程度のUIしか作れないとは。
そのくせ、メトロUIなどというムダなところに労力を使っている。

ここまで変わらないということは、
おそらく変えたくても変えられない
ということなのだろう。

だったら、Windows10なんか作ってないで、
ゼロからOSを作り直せば良かったのだ。

既存のWindowsからのアップグレードなんかできなくてもいい。
どうせ今までのWindowsだって、
アップグレードした日にはえらい目にあうから、
毎回クリーンインストールしてきたのだから。

MacOSは、OSXの時にNextSTEPベースに切り替わり、レガシーなシステムを捨てた。
シングルタスクなOSからマルチタスクなOSに移行するにはどうしても必要な選択だったが、
英断だったと言えるだろう。

この決断がなければ、
おそらくMacはもうこの世にはなかったかも知れない。

MSが発表したように、
Windows10をアップグレードし続けるのは、
ガンで死にかけている老人に延命処置を続けるに等しい。

最新の薬は使えるかも知れないが、
やはり老人は後先短いのだ。

もう遅いかも知れないが、
MSはゼロからWindowsを作り直すことを考えて欲しい。

でも、
オレのメインマシンはMacです。(テヘペロ)

コメントする