ふとんタナカのじぶんまくら

新居で必要になるふとんを買いにタナカのふとんに行ってきた。
正式名称はふとんタナカらしいが、中途半端な感じなので、
ウチではタナカのふとんと呼んでいる。

そんなことはどうでもいいか。

じぶんまくら

前からふとんを買うときはだいたいここで購入していて、
以前から「じぶんまくら」というのをやっているのを知ってはいた。

じぶんまくらとは、要するに自分用のオーダーメードのまくらだ。

以前から妻の枕がひどくて、
こんなまくらで寝るから首とか肩こりがひどいんじゃないの?と何回も言っていたので、
今日は枕も買うことに。

それで店員の勧めで、じぶんまくらの説明を聞いて妻がこれにすると。
お値段なんと35,000円。
そら店員も勧めるわな。

オレのまくら3000円ですけど。
「旦那さまはよろしいのですか?」と聞かれたが、
「僕は困ってないので」と丁重にお断りした。

とりあえず様子見だ。
妻が何か劇的に改善したら考えないこともないが。

オーダーメードの内容

オーダーメードということで、色々と聞かれたり測定をする。

  • 機械による体型の特定
  • 現在の敷布団の材質
  • 現在の睡眠状況
  • 仰向けの時の最適なまくらの高さ
  • 同じく左向き時と右向き時の最適なまくらの高さ
  • etc

妻の調整の様子を最後まで見ていたが、
要するにまくらの高さの調整をすればいいというだけのような気もする。
まくらの中身も場合によって変えているのかも知れないが。

少し離れたところに、
それこそ自分で各部分の高さを調整できるまくらが3,000円で売っていたので、
今度それにしてみようかな。

じぶんまくらの特典

じぶんまくらは35,000円するが、
実は一度購入すればメンテナンスは全て無料で受けられる。

例えば、
敷布団を変えたとか、
高さがしっくりこなくなったとか、
何でもありだ。

予約してまくらを持ち込めば、
その場で調整してくれる。

タナカも定期的なメンテナンスを勧めている。

じぶんまくらマーケティング

勘の良い人ならもうわかるだろう。

そう、じぶんまくらはマーケティング戦略だ。
オレも妻が説明されるのを聞いていて気付いた。

メンテナンスは実際に来る人もいれば来ない人もいるだろう。
さすがに35,000円も払ったのだからたいていの人はたまに来るのではないかと思う。

要するに、じぶんまくらは固定客を作るための仕組みなのだ。
メンテナンスに来たついでに何かを買ってもらう。

単価の高い商品ほど顧客満足度は高くなりやすいので、
これは一石二鳥の戦略だと思う。
仮にメンテナンスに来なかったとしても、
初期にかなりの高単価で買ってもらっているので全く問題ない。

高単価な商品を使って優良な固定客を高い顧客満足度で確保する。

これがじぶんまくらの正体だった。
もちろんじぶんまくらが全く役に立たないと言うつもりはないが、
どうしてもそういう風に見ちゃうんだよね。

帰ってきてからホームページを見たら、
じぶんシリーズが存在するのを知った。

じぶん敷ふとん、じぶん羽毛ふとん、じぶんマットレス。

で、さらに買わせてさらに固定する。
ということだろう。
まくらは入り口だ。

だからじぶんまくらイチオシの店舗構成をしているんだな。

なるほどなぁ。
いや〜、今日はいい勉強になった。