アメフトは色々な意味で贅沢なスポーツだ

今期のNFLスーパーボールは、
ブロンコスの勝利で終わった。

ペイトン・マニングが有終の美を飾ったということになる。
まだ、引退を表明したわけではないが、ここが引き際だろう。
今日もペイトンのパスはひどかった。
要所で通すあたりはさすがだけど、いつインターセプトされるかわからない。

今年のブロンコスはディフェンスが強かったから良かったものの、
QBの尻拭いをするためにディフェンスがいるわけではない。

個人的にはパンサーズに勝ってもらいたかった。
経験の差なのかねぇ。
ブロンコスのディフェンスはたしかにすごかったけど、
キャム・ニュートンはいつもの彼ではなかった。

アメフトを観るようになったきっかけ

スポーツ観戦で最も面白いスポーツは、アメフトだと思っている。
もちろん個人的な嗜好だ。

アメフトをプレイしたいとは思わないが、観るのは楽しい。

テレビがあった頃はよく見ていた。
ただ、1試合4時間ほどかかる。
今はネットでゲームのハイライトを観るだけ。

アメフトを観るようになったきっかけは、やはりテレビだ。
何かの番組でアメリカで最も人気があるスポーツは、
ベースボールでもバスケットボールでもなく、
アメリカンフットボールである、と紹介されていた。

これには驚いた。
日本の一般庶民にとっては、アメフトの存在はなきに等しい。
それだけ人気があるのなら、何か理由があるに違いないと思った。

これがきっかけで、
スカパーを契約してからは、アメフトをよく観るようになった。
アメリカのドラマにハマったのもこの頃からだ。

ルールは見ながら覚えた。
そしてルールを理解するにつれて、その面白さがわかってきた。

アメフトの何が面白いのか

おそらく、ほとんどの人のアメフトに対するイメージは、
ガチムチの男たちによる肉弾戦、というものだろう。

確かにほぼみんなガチムチ。
でも実際には、アメフトではクレバーさもかなり重要だ。

人気のあるスポーツには、単に高い身体能力だけでなく、
そこに戦略性が存在する。
戦略のないスポーツは見ていてつまらない。

アメフトには戦略以外にも様々な要素がある。

  • ガチムチな男たちによる力と力のぶつかり合い
  • ランやパス、オフェンスとディフェンスに見られるかなり綿密な戦略性
  • 綿密な戦略を実行するためのチームプレイ
  • 華麗な個によるスーパープレイ
  • 相手の作戦を読み合う駆け引き
  • 時にはギャンブル的なプレイがドラマを生む

パッと見、大味なスポーツに見えてその実は全く異なる。
とても贅沢なスポーツだと思う。

だって、おそらく当代最高の身体能力を持つ男たちが、
ぶつかり合うだけでなく、
頭をフル回転させながら駆け引きを行い、
チームプレイに徹しつつ、
見た目にもド派手なスーパープレイをするのだ。

こんな魅力てんこ盛りなスポーツが他にあるだろうか?
オレは今後もずっとアメフトファンだろう。