プリキュアに学ぶマーケティング その3

過去2回でドレスアップキーを軸とした
プリキュアマーケティングについて見てきた。

アニメの中で使われている道具などを
おもちゃとして売るという行為は昔から行われていた。

しかし、プリキュアマーケティングでは、
ドレスアップキーというキーとなるアイテムを
これでもかというぐらいに計画的に、縦横無尽に連携させているあたりが、
一線を画す。

ここまではプリンセスプリキュアの例を見てきた。
今度は、シリーズとしてのプリキュアについて見ていく。

過去の資産を捨てない

ウチにはテレビがないので、
娘のプリキュアに関する情報源は主にYouTubeだが、
これまでの観察から、プリキュアは1年ごとに新しいユニットが登場するようだ。

定期的にキャラクターが入れ替わるアニメは昔からある。
そして、前後のキャラクターの絡みがあるアニメやヒーローものもある。
例えば、ウルトラマンの兄弟の友情出演(友情じゃないか)とか、
仮面ライダーとかもそうだろう。

プリキュアの場合は、そんなちゃちなことはしない。
以下の画像を見ればわかる。

プリキュアオールスターズ

いかがだろうか。
お前らAKBかと。

オールスターとか書いてあるけど、
たぶん過去のキャラクター全員なんだよ。
いっそ清々しいわ。

で、子どもというのは好きなものはあっという間に全て覚える。
これは確信を持って言える。

昔、祖母の葬式に参列した時に、
親戚の小学校低学年ぐらいの子どもが、
ポケモン辞典という本を持っていた。
その辞典には500種類ぐらいのモンスターが載っていたが、
それらのモンスター名はおろか、
属性、技なんかまで全て暗記していた。
なお、オレはポケモンに関する知識はほぼない。ピカチューしか知らない。

話を元に戻そう。
このプリキュアオールスターを見て、
子どもが別のプリキュアに興味を持ち、
そのおもちゃが欲しくなるということは十分に考えられる。

そこにドレスアップキーみたいなものが待ち構えていたら・・・。
説明は不要だろう。

これが過去の資産を捨てずに最大限活かすということだろう。

今後の展開

ここまででもバンダイのえげつなさをだいぶ見てきたが、
さらなる手を打つとしたら何をするか。

例えば、
ドレスアップキーが別のプリキュアでも使われるという展開が考えられないか。
ちょっと違う使い方をするという設定にすれば飽きられることもない。

そして、すでにドレスアップキーを持つ子どもはその資産を活かせる。

いや〜、
バンダイがこれからどんなえげつないマーケティングをしてくるのか楽しみだ。