WordPressのメジャーアップデートの適用タイミング

WordPressのメジャーアップデートは結構すぐに来る。

ただ、個人的にはすぐにメジャーアップデートをすることはない。
たいていマイナーアップデートが来るのを待ってからメジャーアップデートを適用する。

最近だと、
メジャーアップデートは4.4だった。
だから今回も、4.4.1のリリースを待って適用した。

主な理由は以下。

  • メジャーアップデートには、バグが付き物。
  • 最初のマイナーアップデートは比較的早くリリースされることが多い。
  • メジャーアップデート後しばらくの間は前のバージョンのセキュリティパッチは同様に適用される。
  • 各種プラグインもメジャーアップデートに追いつくのに少し時間が必要。

あまりにも間を空けすぎると、セキュリティ的に問題が出てくるが、
すぐに適用すると、バグやプラグインの互換性に悩まされる危険がある。

だから、
WordPressのアップデートはマイナーリリースを待つのが良い。

ただ、メジャーアップデートリリース直後に出されるマイナーリリースは、
早急なアップデートが必要な致命的なバグかセキュリティに対するパッチなので、
メジャーアップデートを適用するのはまだ早いだろう。

マイナーリリースは速やかに適用する

経験上、WordPressでは
マイナーリリースで新規の機能をつけることはないようだ。

つまりマイナーリリースの主な役目は、
バグ修正とセキュリティパッチであり、
プログラムの動作を変更するようなことは基本的にない。

従って、マイナーリリースはできるだけ早く適用するのが良い。
最近は特に何もしなければ、
マイナーリリースは自動的に適用されるようになっている。

マイナーリリースでプラグインの動作がおかしくなることはあまりないはずだが、
おかしくなった場合は、運が悪いかプラグインの選定方法に問題がある。