雑誌の取材なんて二度と受けないと思った話

2年ほど前、懇意にしている生命保険会社の営業マンの頼みで、
その方が連載している雑誌の電話取材を受けることになった。

まぁ、取材といっても
すごくマイナーな雑誌のすごく小さな1コマのお客様の声だ。
その程度ならと、引き受けた。

何日かして記者から電話がかかってきた。
さっそく取材開始。

いくつか質問をしてくる。

特に飾ることもなく普通に答えるのだが、
なんか向こうの返しの質問がひっかかる。

まるで誘導しているようなのだ。
たぶんこういう答えが欲しいというのがあって、
そうなるように聞いてくる。

「それは、○○○○っていうことですよね?」

いや、全然違うだろ。
どうやったらそう解釈できるんだ。

「いや、そういうことじゃなくて○○○○ということです。」

「あ〜、なるほど。」

そんな感じで30分とかからず取材は終了。
なんか話の噛み合わない取材だったなぁ、とその時は思っていた。

それからしばらくして、
営業マンの方から取材を受けた雑誌が送られてきた。

開いた口が塞がらない

そらそうだ。
だって、結局オレが言ったことは何一つ入っていなかったからね。

読んでみると、
あの誘導尋問はこういうことだったのか、と。

要するに自分が書きたいように書いてあるだけで、
実際の取材の内容などどうでもいいのだ。

お客様の声として載せる写真だけが欲しかったのかもしれない。
本当にアホくさいと思った。

しかしすごい神経してるよ。
だってまがりなりにも直接取材した人の話を一切使わずに、
勝手に話を作り上げるんだから。

記者っていうのはそんなものなのかねぇ。

たかだか超マイナーな雑誌の小さい1コマですらこれだ。
雑誌の取材なんて二度と受けないと思った。

コメントする