脱Windowsとは、脱MS Officeである

最近はほとんどの作業をMacで行っていることもあり、
脱Windowsが加速している。

Officeもそのひとつ。

WordからPagesへ。
ExcelからNumbersへ。
PowerPointからKeyNoteへ。

VBマクロがいらなければ、
Word・Excelはいらない。

低コスト

すべてMacで統一してしまえるのであれば、
PagesやNumbersは無料なので、
コストはゼロだ。

もちろん移行にかかるコストなどはあるかも知れないが、
移行してしまえば、Officeの更新にかかる費用はなくなる。

とはいえ、
客とのやりとりで移行できないという人は多くいるだろう。
みんなで一斉にMacに移行できればいいが、なかなかそうもいかないというのも
わからないではない。

程よい機能

会社のシステムがExcelでできているという時代遅れな会社を除けば、
Excelでなければならない理由はあまりないはずだ。

確かにMS Officeは高機能だが、
一般人にとっては無駄に高機能だ。

それに比べると、Mac標準でついてくる
Pages、Numbers、KeyNoteは、
必要十分な機能にほぼ収まっていると言える。
それだけにあまり使っていて迷うことがない。

編集中もキレイ

MS Officeだと、編集中の画面と印刷後のイメージにかなり乖離がある。

そこへいくと、Macの場合は編集中もほぼ印刷後のイメージを確認できるので
いちいち印刷しなくてもおおよその結果がわかる。

Officeに限らず、
この問題はWindows全般に言えることではある。
なんで未だにMicrosoftがこの問題を放置しているのか全く理解できない。

脱Office

最近思うんだけど、

仕事でWindowsを使う理由って、Officeぐらいしか見当たらないんだよなぁ。

やっぱり脱Windowsするには、脱Officeが欠かせない。
逆に言うと、脱Officeできれば、脱Windowsは難しくない。

iOS向けに無料のWordやExcelを投入してきているのは、
Microsoftもそう思っているからではないかと思う。