インプットにインセンティブを与えるべき?

子供の教育とご褒美については、
長らく議論されているトピックだと思う。

成績が良かったらご褒美が貰えるのと、
勉強をしたらご褒美を貰えるのとでは、

統計的に優位に後者のほうが成績が良くなるらしい。

これは、
アウトプット(ここでは成績)に対してご褒美を与えるよりも、
インプット(ここでは勉強)に対してご褒美を与えたほうが、
効果が高いということを意味する。

これって、社会人でも当てはまるのかな、と。

例えば、
通常営業マンのインセンティブは
アウトプットである営業成績に対して与えられる。

これを、
何件回ったかとか、営業行為の頻度などのほうに
インセンティブを与えたほうが、統計的に成績が良くなる、
ということなのか。

おそらくは、
トップセールスマンのパフォーマンスは落ちる一方で、
全体としての成績は上がるという結果になるのかも知れない。

なかなか興味深い。
誰かやってみてくれないかな。

コメントする