愛機α7II

オレの趣味の1つはカメラ。
上のアイキャッチ画像が今の愛機、α7IIだ。

最近は、なんでもスマホで撮る人が多いが、
スマホのカメラ機能は、どんなに解像度が高くなったところで、
画質は低いままだ。
正直、画質が低すぎて取っておこうとすら思わない。
メモ代わりに使うぐらいだ。

最初に買った一眼レフは、Canon EOS Kiss Digital Xだった。
ベタだね〜。

でも、初めての一眼だったので、
こりゃ今までと別次元の写真が撮れるわ〜、
と感動したものだ。

今でもEOS Kissから入る人は多い。
でも、これからもずっと一眼レフを使おうと思っているなら、
最初からEOS 70Dでもいいと思う。
と思ったら、
今はエントリーモデルにもKissの上に8000Dとかいうのがあるんだね。

Kissの次に買ったのは、EOS 50Dだ。
70Dの2世代前だね。
50Dに切り替えたのは結構早かった。

一眼で写真を撮り続けていると、やっぱり目が肥えてくる。
そして、プロやハイアマチュアの撮る写真と自分の写真の画質の違いに
愕然とするようになるのだ。

これはカメラの性能の差に違いない。
という思考になる。

50Dになると、
重量感がすごくて実際重かった。
でも、一眼使うのに重いとか言ってられんだろ、と。
50Dはかなり使い込んだ。
といっても、年間数万枚撮るような人にはかなわないが、
色々な場所で撮った。

以下、EOS 50Dで撮影した写真。

eos50d-1

eos50d-2

SONYに乗り換えた理由

Canonユーザーだったオレが、
レンズ資産をすべて放り投げてSONYに走った理由。

それは、
EVFとボディ内手ブレ補正、そしてフルサイズだ。

オレにとって写真は趣味であって、プロを目指しているわけではない。
そういう人間にとって、α7IIは魅力的なカメラじゃないかと思う。

EVFなら結果がわかる

EVFとは、
ファインダーの中に、コンデジの背面にある液晶ディスプレイがあると言えば、
イメージしやすいだろう。
そのディスプレイに様々な情報が表示される。
そして一番大事なところだが、
ディスプレイの映像はF値と露出補正がダイレクトに反映される。
ここが、撮ってみなければ結果がわからない光学ファインダーとの大きな違いだ。

ボディ内手ブレ補正なら低コストでレンズを揃えられる

ボディ内手ブレ補正は、
Canonなんかだとレンズに搭載されている手ブレ補正機能を、
本体が最初から持っているということだ。

手ブレ補正機能を持つレンズは高額だが、
本体に手ブレ補正が付いていれば、レンズは通常のもので良いことになる。
さらに言えば、
手ブレ補正にかける金を、レンズそのものにかけることができるとも言えるだろう。

Canonもいつかは、ボディ内手ブレ補正をつけてくれるんじゃないか
と思っていたがもう諦めた。

次はフルサイズだと思っていた

EOS 50Dを使っている時から、
次に買うのは絶対にフルサイズ機だと心に決めていた。

やっぱり一眼レフをある程度使っていると、
最終的には誰でもフルサイズが欲しくなるんじゃないかなぁ。

まぁ、フルサイズ機は当然Canonにもあるわけだけど、
α7IIにはこれら3つが全て備わっていたのが、
乗り換えた理由だ。

不満もある

α7IIは完璧なカメラではない。

EVFのディスプレイは解像度がまだまだ低くて正直見にくい。
それに、オートフォーカスがとにかくひどい。
オレの場合、撮るのはもっぱら風景なので特に問題にはならないが、
正直動いているものを撮るのはお勧めできない。

この辺は今後の改良に期待しつつ、
αのレンズを少しずつ増やしていきたいなぁと思っている。

DSC00631

DSC00731

コメントする