カリスマ経営のジレンマ

東京で働いていた頃は、
主に客先の企業でシステム開発をすることが多かった。

色々な企業でシステム開発をした。
誰でも知っているような大企業が多かった。

中にはカリスマ経営者(と一般に呼ばれている)が経営する企業もあった。

カリスマ性は人を集めたり、
人を動かすのに有用だが、
弊害も多い。

実際にそういった企業で働いてみて思うことがある。

ブラック企業になりやすい

カリスマ経営者の企業は基本的にワンマン経営だ。

どこの企業も経営者が最終決定を下すのは同じだが、
カリスマ経営者の企業は、
さらにその傾向が強くなる。
しまいには、その経営者の気に入るような意見しか出なくなる可能性が高い。

長時間労働が多くなるが、
それは容易に正当化される。

タイで薬局を経営している知人が、
「ブラック企業にできる経営者はある意味尊敬できる」
と言っていた。

彼の意味するところは想像に任せる。

後継者が現れにくい

カリスマ性で経営することの最大のリスクは、
そのカリスマ性にあると思う。

カリスマ性を動力源とした企業は、
それが動力源であるがゆえに、
カリスマ経営者がいなくなった時、
会社として機能するのが難しくなる。

それを補うのが理念だが、
カリスマ経営者と呼ばれる人間に、
本当の意味で理念があるかどうかは、

その経営者がいなくなった後も
その会社が長く続くかどうかでわかるだろう。