今ドキ生解説のプラネタリウムなんていらない

昨日は、娘を連れて人形劇を見に行った。

人形劇は無難な作りで良かったと思う。
来ている子どもたちもみんな楽しそうに見ていた。

ただ、劇が始まるまでかなり時間があったので、
ちょうどプラネタリウムがあったので、
見せてやろうと思ってチケットを購入して入った。

客は10人程度。
まぁ、公民館のようなところのプラネタリウムなんてこんなもんだろう。
最大収容人数は200以上ありそうだったけど・・・。

しかし、
始まって10分で客が少ない理由を悟る。

つまんねぇ〜。
ヤバイ、まじでつまんねぇ〜。

え、あと50分もあるの?
苦痛でしかないんですけど。

ていうか娘に申し訳なかった。
3歳の娘に耐えられるのか?

結局途中から軽いいびきを立てながら寝てくれたので、
ホッとした。

こういう場所で子どもが寝てホッとされるって、
ヤバイと思うよ。ホント。

60分のうち、
前半30分が解説員による生解説。
面白くもなんともない軽い冗談を交えながら、
星空が全く動くことなく延々と解説は続く。
大人だって退屈する。
誰も求めちゃいない。

後半は番組。
これもほとんど星空は動かず、
演出家が考えたのであろうくさいセリフを、
声優の水樹奈々のナレーションで延々と聞かされるだけ。

史上最強にクソつまらないプラネタリウムだった。
娘がプラネタリウムを嫌いになる前に寝たことを祈る。

最後にオレから言えることはひとつだけ。

文化パルク城陽のプラネタリウムに行ってはいけない。