一人型経営の醍醐味

起業というと、
何かでっかいことをやるんだ!
みたいなイメージを持つ人が少なくないだろう。

しかし、ウチ(オレと妻)は全くそんなことは考えていない。
現在、オレも妻も別々に会社を立ちあげている。
従業員はゼロ。

今後も基本的に従業員はゼロのままで行くつもりだ。
バイトみたいなスタッフを使ったり、外注をすることはあっても、
社員を雇うことは今のところ考えていない。

理想は従業員ゼロだと思っている。

別に、大きい会社を作ろうと考える人を批判するつもりはない。
目指すものが違うだけだ。

オレたちにとっては、
従業員を雇うリスクと手間が煩わしい。
今の、いわゆる一人型経営が性にあっているのだ。

だから、
会社を大きくすることで莫大な売上規模を目指すのではなく、
従業員ゼロで売上を最大化することを目指している。

一人型経営でも売上1億は可能

一人型経営の会社のほとんどは、
年商1000万円以下だ。

しかし、中には1億を超える売上をあげている人も存在する。

もし、
自身が一人型経営で年商1億になったら、
そして粗利が8割を超えるようなビジネスをしているとしたら、
どうだろうか?

自分に対して最大8000万円の役員報酬を支払うことができる。
実際にはそんなことはしないが、理論値としては可能だ。

地位や名誉などいらず、
純粋に自由に使えるお金があればよいだけなら、
一人型経営で良くない?

人の悩みの大半は、人間関係とお金だ。

思い通りに働かない従業員を管理する煩わしさから解放され、
好きな時に働き、好きな時に休む。

これが一人型経営の醍醐味ではないかと思う。