ニトリでシーリーのマットレスを注文した

今日は新居で使うベッドを注文した。
しかも、もう二度とここで家具は買うまいと思っていたニトリで。

まぁ、ニトリついてはまた別の時に書こう。
今日はベッドだ。

ベッドを買うのは、かなり久し振りだ。
というか、もう10年近く布団生活だと思う。

ベッドを購入するにあたって、
今回はかなり調べた。

昔は安ければ何でもよかったが、
そんなんだから布団生活に入ったのかも知れない。
長時間寝ていると腰が痛くなったのは、
安物のベッドのせいではないかと思う。

というわけで、今回はちょっとお金をかけようと思った。

収納付きのベッド

新居はいわゆる日本式の押入れがない。
このため、冬にしか使わない寝具をベッドに収納することにした。

こうなると、そこそこの収納力が必要なので、
最近けっこう見かける跳ね上げ式のベッドがいいのではないかと。

で、まぁいろいろとネット上にもあるんだけど、
自分で組み上げるのはメンドクサイなということで、
結局ニトリの跳ね上げ式ベッドに決定。

ニトリの場合は、一定以上の金額の商品であれば、
無料で組み立てもしてくれる。
(組み立て代金も込みになっているだけと言えばそうだが)

問題はマットレス

結局寝心地を決めるのはマットレスだ。
これをどうするか。

よく知らなかったので代表的なメーカーを調べてみた。

  • テンピュール。日本人なら高級寝具メーカーとして一度は聞いたことがあるだろう。
  • シモンズ。ビジネスホテルを検索しているとよくウチ使ってマスと宣伝してるやつだね。
  • フランスベッド。よく聞くけど、なんと日本の会社。紛らわしい。
  • シーリー。聞いたことねぇ〜。でも有名らしい。
  • サータ。マジで聞いたことねぇ〜。

だいたいこんなところ。
調べてみて驚愕だったことがある。

上記のフランスベッド以外はすべてアメリカ企業だが、
本国アメリカでは、
シモンズ、シーリー、サータが御三家として凌ぎを削っていて、
テンピュールは格下なのだ。

いや〜、マーケティングって怖いぜ。
そのくせ、2012年に格下のテンピュールにシーリーが買収されたっていうから、
まじで意味不明だ。

まぁ、売上規模があっても利益率が低いことは往々にしてある。
日本で荒稼ぎしているテンピュールのほうが、
現金をたくさん持ってたってことなのかも知れない。

フランスベッドかシーリーか

この2つのメーカーに絞った。
理由の大半はニトリが取り扱っていたからだ。

フランスベッドは日本のメーカーで、
日本の高温多湿の気候を考えて作られている、
という謳い文句に惹かれる。

一方で、シーリーは
世界中の一流ホテルで使用されている、
という部分に惹かれる。

どちらにせよ、
50万円とかする最高級グレードのマットレスなんか
買うわけないので、
5万円以下の同じ価格帯で比べるしかない。

で、ほうぼう調べ上げたあげく、
ニトリのシーリーのマットレスが、
コスパ最高ということらしかったので、
シーリーにした。

ニトリで売っているシーリーのマットレスは、
ニトリとの共同開発で、本家のものよりかなり安価だ。
(といっても本国ではそこまで高いわけではないようだ。)

シーリーのホテルスタイルをベースとして、
マットレスのコアであるコイルはシーリーのものを使っているが、
その他の詰め物なんかはニトリが製造しているらしい。

ホテルスタイルって、
家をホテルみたいにしたい願望があるオレにとっては、
いい響きだ。

ホントはマットレスは、
アマゾンで買おうと思ってたんだけど、
両方ともニトリになってしまった。
ヤレヤレだぜ。

まだ実際に寝てみたわけではないから何とも言えないが、
期待してるぜ。