ITエンジニアに英語は必須か?

これはもう、どこを目指すかによると思う。

外資系企業に行くというならもう問答無用なわけだが、
純粋にITエンジニアとしてどうかと言われたら、

「じゃあ、どうなりたいの?」

とまず聞くしかない。

平凡なエンジニアでいいなら英語はなくてもいける

世の中には別にそんなに優秀にならなくてもいいから、
食っていけるぐらい稼げればいい、という人もいる。

あるいは、
もう、残業ばっかでそんなことまで考えてられない、という人もいる。

そういう人は、オレが言うまでもなく英語などいらないだろう。

実際、日本のITエンジニアのほとんどは英語が読めないのだから、
それで回るはずである。

それに、
システム開発の現場で英語が読めることがものすごく重宝がられることはほぼない。
悲しいがこれが現実だ。

しかし、英語が読めると作業効率が増すので、
結果的にエンジニアとしては重宝がられる。

上を目指すなら英語を読め!

なぜ、英語が読めると作業効率が増すのか?

答えはすごく単純で、
ITの世界で最も就業人口が多い英語圏の情報へアクセス可能となるからだ。

開発者ならわかると思うが、
システム開発で最も時間を取られるのは、
コードを書くことそのものよりも、技術的な問題の解決法を探すことである。

断言できるが、
ほとんどの技術的な問題は、
日本語で探すよりも英語で探すほうが、圧倒的に答えにたどり着くのが速い。

開発者の数が英語圏のほうが圧倒的に多いわけだから、
同じことで困っている人間が多いのは当たり前。
それに答えてくれる人間がそっちの方が多いのも当たり前。

だから作業効率が増す。
単純ですね〜。

あと、外せないのが、
最新のIT技術のドキュメントは英語しかないという事実がある。

iOS向けアプリ開発のドキュメントすら、日本語化されるまでに1年かかる。
1年経ったら、もう次のバージョン出てますがな。

高校出てれば、英語は読める

これはオレがこういった話になった時に必ず話すことだが、
英語は読めるかどうかではなく、読むかどうかである。
少なくともITにおいては。

うん。
意味不明だよね。

まず、ITで必要とされる英語とは、ほぼ英語を読む能力だ。
英語を聞く能力もあると何かと便利だが、
英語を話す能力はほぼ必要とされない。

で、ITの技術ドキュメントの英語はたいてい非常に単純な形式で成り立っている。
いわゆる5文型というヤツだ。
これは高校じゃなく中学の範囲だ。

要するに、
日本のIT関連サイトの文章読んでるとお堅い文章ばっかりなのと同じ。
誰が読んでも間違いようがない文体になっているのだ。

ということは、
高校卒業してれば読めるということだ。

単語なんか覚えればいいだけなので、小学生レベルの話だ。
それに、ITの世界で使われる単語だって限られてくるわけだから、
読んでいるうちに覚える。(変数はvariableとかそんなのだ。)

何が言いたいかと言うと、
読めないと勝手に思い込んでいるだけで、実は読もうと思えば読めるのがITの世界の英語なのだ。

だから、
読めるかどうかではなく、読むかどうか。

なお、聞く能力があると何がいいかというと、
最近はYouTubeでの解説が増えていて、
視覚的な情報がある分、英語の聞き取りができるとさらに理解が進むからだ。

ちなみにオレも英語は高校までしか勉強していないし、
帰国子女で英語ペラペラみたいな出自はない。