パンティとデブは鶏と卵

キングオブコメディのツッコミ、高橋がJKの制服を盗んだとして逮捕された。
Yahooでもトップ扱いなので知っている人が大半だろう。

下着泥棒は昔からいるが、今回は制服。
まぁ似たようなものだ。たぶん。

こういったことは常人には理解しがたい。

が、理解できなくもないはず、というのが今日の話。

なんでパンツ盗むの?

以前何かで、
外人からすると、日本人が下着を盗む理由が理解できない、
という記事を読んだことがある。

日本人の場合、女性の下着に何も感じない男はほぼ皆無だろう。
盗むまでいくかどうかは別として、好きな娘の下着にエロスを感じるのが日本人男子だ。

そういった意味では、
高橋の制服の収集癖は日本人男子ですら一般には理解しがたい。

しかし外国人からすると、
下着にエロを感じること自体が理解しがたいらしい。

外人からすると、中身のほうが大事ということだ。
どこかで聞いたようなフレーズだ。

デブが美人の国

これも多くの人が知っているだろう。

アフリカには太っている女性ほどモテる国がある。
たしか、ウガンダとかじゃなかったっけ?

細いのはNG。
とにかく太くなければセクシーとはみなされない。

日本に限らず、多くの国に理解されないであろうこの趣向は、
結局のところ、日本における下着と全く同じということだ。

常識は常ならず。文化も常ならず。

一般的にはこれを「文化」という一言で片付けることになる。
でも文化だって、変化している。

明治時代末期まで日本にはまだお歯黒の文化があった。
明治末期といったら100年前ぐらいの話だ。

それに、昔は目が細いほうが美人とされたいたみたいなので、今と真逆だ。
簡単に言えば、外国文化の侵食による変化なのだろう。

色々と書いてきたが、結局のところ、

「何が常識なのかを決めるのは、何を常識とするかによる」

という、鶏が先か卵が先か的な結論になる。
これこそが文化の正体だ。

逆に言えば、

常識などというものは、幻想でしかない。

とも言える。

いや〜、キングオブコメディの高橋も、なかなか深イイことをするなぁ。

あ、ちなみにオレはキンコメのコント好きだな。