2015年の京都の紅葉はひどかった

暖冬の影響もあるだろう。
今年の京都の紅葉はひどかった。

11月だというのに、ほとんど寒さを感じさせない陽気が、
紅葉の色の変え時を迷わせた。
同じ木でも色がまだらになる始末。

上の写真は、坂が紅葉で染まることで有名な場所。
本当は、坂の上にかかる木々の葉も紅葉で染まるはずが、
見るも無残だ。

「今年はダメだねぇ・・・」
そこらで、京都人のつぶやきが聞こえてくる。

くさっても京都。
今日一日歩き回っていれば、京都らしい紅葉が見られるのではないか。

そんな淡い期待は、
泡と消えた。

紅葉といえば永観堂。
これでもかというほどに圧倒的な物量(紅葉)で攻めてくる永観堂ですら、
カメラを構えていてワクワクする瞬間が訪れることはなかった。

それでも観光客のバスは次から次へと入ってくる。
今年の京都への観光客は災難だ。

まぁ、この現象は京都に限らないのだろう。

来年はいい紅葉が見れるといいのだが。

コメントする