CITIZENのイケメン腕時計 オルタナクロノグラフ

CITIZEN オルタナ クロノグラフ VO10-5992F。(文字盤が青いほうは、VO10-5993F)

買ってしまった。
実は、このモデルを買うのは2度目だ。

この時計が発売されたのは2007年。
たしか買ったのもたしか発売して間もない頃のはず。

すごく気に入っていたが、
買ってたしか3年目に、東京ドームで紛失してしまった。

この時計の何が気に入っていたのか。

なんといっても、イケメンである

この腕時計は、映画デスノート内でコラボ使用されたことでも有名だ。
だからイケメンというわけではないだろうが、
パッと見て、おそらくほとんどの人がイケメンだと思うのではないだろうか。

ボディが全体的に流線型である。

ベルトとボディをつなぐ線が非常に滑らかで、
ボディの左部の膨らみがまたいいバランスを醸し出している。

さらに、時計盤のガラスがレンズ状に球面になっており、
これがまたボディのラインと滑らかにつながっている。

このへんは写真ではわかりずらいので、実物を見てもらうしかない。
写真よりも実物のほうがカッコイイという希有な腕時計である。

そして、軽い

ボディがチタン製のため、見た目はそこそこボリュームがあるのに、
気にならないぐらい軽いのだ。

高級腕時計の場合は、その重さがある意味いいのだろうが、
この時計にそこは求めていない。

いつでも気軽に腕に巻ける軽さ。
そこがいいのだ。

電池交換不要

今となってはシチズンのエコ・ドライブは看板機能と言ってもいいのだろう。
最初に買った1本目の時は、まだエコ・ドライブは新しい機能だった。

電力は光で賄う。
電池交換の心配がほぼいらない。

ほぼと言ったのは、長期間の使用により二次電池の交換がそのうち必要になるからだ。
しかしこれは経年劣化によるものだから致し方ないだろう。

太陽光にはかなわないが、
蛍光灯の光ですら充電ができるようである。

ビジネスでも、プライベートでも

現実のイケメンにも色々いるが、この腕時計の顔は、
ビジネスシーンでも、プライベートでも、違和感なく通用する。

まぁ、金持ちの集まりとかには使えないかも知れないが、
それ以外の用途であれば、ソツなくこなしてくれる。

いつ生産終了になってもおかしくない

残念ながらこの腕時計は、
シチズン公式サイトのカタログにはもう掲載されていない。

生産終了となっているかどうかはわからないが、
カタログにない以上、
そのうち生産終了となるだろう。

しかし、現在のカタログを眺めていても、
このモデル以上にイケメンな腕時計が見当たらないのはとても残念である。

もし、気になるなら今のうちに購入しておくことをオススメする。

 

VO10-5992FVO10-5993F