慢性的なメモリ不足に悩まされていたが、Safariをやめたら解決した

これまで、MacではずっとSafariを使ってきた。

特に不満を感じていなかったからだが、
ここへきて、やたらとメモリを食うことが鼻につくようになった。

システム開発をし始めると、
ブラウザで大量のタブを開いたり、
IDEを立ち上げたり、
仮想環境を常時起動しているからだろう。

現在主に開発に使っているのは、
iMac Mid 2011で、メモリは16GB積んでいる。

これで、しょっ中メモリ不足になるのだからたまらない。

Windowsでは日頃FireFoxを使っているのだが、
MacではSafariが最も美しくHTMLがレンダリングされることもあり、
Safariを使っていた。

しかし、Safariを使っていると、
メモリリークを起こしているんじゃないかと思うぐらい、
ガンガンメモリを消費していくので、
いい加減イライラしてきた。
ページング起こしてるんじゃないかというぐらい動作も遅いしね。

Chromeに変えたら、メモリの消費量が安定した

というわけで、
とりあえずブラウザをChromeに変えてしばらく運用してみた。

するとSafariの時とうって変わり、
メモリが足りなくなるということがほぼ無くなった。

正直、Googleの製品はバタ臭いところがあるので
あまり使わないのだが、(Webサービスは除いて)
動作もすごく軽快で、サクサク開発できるようになった。

やっぱりWebKitを捨てて、Blinkに移行した成果なのかねぇ。
Blinkではかなりコードをスリムにしたらしいし。

ただねぇ、ブックマークのフォントがなぜか小さいのが気になるんだよな。
こういうところがバタ臭いんだよね。
エンジニア臭がするっていうのかね。

でも、開発にはすごくいいブラウザだ。
ていうか、「ITエンジニアならChromeだろ」とか言われそうだな。うん。

コメントする