【謎】ゆらぎのシャワー

ウチの風呂のパネルに「ゆらぎのシャワー」というボタンがある。

いまだかつて使ったことがない。

だいたい、ゆらぎのシャワーってなんやねんと。

有力なのは、
出てくるシャワーの温度が周期的に変化することだろう。
さすがにシャワーの強弱が変わるとは思えないし。

でも、それってどんな意味があんの?

まぁ、とりあえず使ってみろっていう話なんだが、
あえて使う意義を見出せずに放置したまま3年以上が経過してしまった。

まるで気味が悪いから誰も近づかない開かずの扉のようだ。

だいたい、ウチの風呂のパネルの自動化は中途半端だ。

普通、ボタン押したら、
勝手に水の量を調整して、
設定した温度に焚き上がるもんだろ。

ウチのは一味違う。

ボタンを押すと、
「蛇口を開けてください」と指示が飛ぶ。文字通り声で。
で、風呂までいって蛇口を開けると、
設定した「量」の湯が出てくる。
で、勝手に止まる。

それだけだ。
つまり蛇口から出てくる湯量を監視していて、
設定した量が出たら止めるだけ。

だから、既に風呂に水が入っていたら、あふれる。

しかも、湯を出している最中に、
流しなどでお湯を使った場合、それも計算に入ってしまう。
つまり、風呂作るときは他で湯を使うな、ということだ。

そんな中途半端な機能しか持たない風呂についている装置の
謎の機能なんか使おうなんて思わないでしょ?

そこに、あえて飛び込んでみようか。
どうしようか。

ま、そんなたいそうな話じゃないんだけど。
気が向いて使ってみたら、結果をここに書こう。

コメントする