一人で事業をやっている人にオススメするカラーレーザープリンタはこれ

一人で会社経営しているとか、個人事業主やっている人の場合、
やはりレーザープリンターが欲しいところだ。

インクジェットだと、しばらく使っていないとヘッドがカピカピになっていたりして、
いざという時にまともに印刷できなかったりするのでとてもストレスが溜まる。

たまにはカラーで出したい時もあるだろうから、
そうなるとカラーレーザープリンターが選択肢に入ってくるだろう。

・あまりお金はかけたくない
・けど、カラーレーザープリンターは欲しい

という願いを叶えてくれるのが、NECのMultiwriter5750Cだと思う。
というか、オレはこれを使っている。

5750c
NEC MultiWriter 5750c

製品価格が安い

もともと5750Cの希望小売価格は約9万円なのだが、
ネットでの実売価格は2万円を切る。

というのも、かなり古い機種だからだ。
なにせ、2008年のモデルだからね。
もう10年選手ということだ。

じゃあ、なにか問題があるのかというと、全く問題がない。
少なくともオレは全く問題を感じたことがない。

メーカーは結構前から販売終了しているのだが、
ネット上では今でも普通に販売されている。

Amazonなんかでは今でも製品レビューが新規に投稿されているので、
今でも普通に買われていると見て間違いないだろう。

どこに在庫がプールされているのかよくわからないが、
とにかく買える。

ランニングコストも安い

カラーレーザープリンタと言えば、
リサイクルトナーである。

純正のトナーなど高くて買えたものではないため、
ほとんどの人はリサイクルトナーを使うことになるだろう。

5750cは古い機種であるにもかかわらず、
購入者が今でもいるため、リサイクルトナーも結構流通している。

こんな4色セットのリサイクルトナーがが3000円以下で売られている。


トナーカートリッジ 4色SET リサイクル品

 

しかもこのカートリッジがとても小さいので、
ストックしていても邪魔にならないのが良い。

レーザープリンターのトナーカットリッジは、
普通とても大きくて邪魔なものが多いのだが、本当にびっくりするほど小さい。

カットリッジ一個が筆箱より小さいと言えば伝わるだろうか。

こんなに小くても、
公称で2000枚印刷できる。
充分でしょ?

リピーターがいる

結構リピート購入が多い。

長く使っていれば、ドラムだけは交換しなければならない。
しかし、ドラムを買うより本体を買いなおしたほうが安いのでリピートすることになる。

ならば最近の新しい機種でも良さそうなものであるが、
リピート購入されることも多い。

1つは購入価格が安いからだろう。
安いから故障して使えなくなってもリスクが低い。

もう1つの理由は、めったに故障しない。
少なくともオレは、他のレーザープリンタで遭遇したような故障を、
この5750Cで経験したことがない。

とても安定した機種だと思う。

今だにサポートされている

プリンタを購入したら、
パソコンにドライバをインストールしなければならない。
これはどんな機種も同じだ。

5750Cは、今だに最新のOS用のドライバが提供されている。
WindowsでもMacでもOK。

Macの場合、毎年新しいバージョンのOSがリリースされるが、
けっこうすぐに対応したドライバを提供してくれる。

これには毎年感心させられる。

まとめ

・安い(= リスク低い)
・故障しない
・ランニングコストが低い(リサイクルトナー)
・ドライバの安定供給

どうですか、これ。
個人で事業している人だけでなく、家庭でも使えると言って良いだろう。

あえてこの機種のデメリットを挙げるなら、
手挿し印刷がほぼ使えない(けっこうな確率でずれる)こと。
なのでハガキとか封筒の宛名印刷は苦手だ。

このデメリットに問題を感じない人であれば、
間違いなくオススメできる機種なので、検討してみるといいだろう。

5750c
NEC MultiWriter 5750c

印刷会社グラフィックの個人情報流出に関する公式の報告にはかなり問題がある

ブログの連載を中止していたが、ちょっとこれは書いておいたほうがいいかなという事案が発生した。

たまに印刷を発注する印刷会社グラフィックから先日メールが届いた。
よくある個人情報流出についてだ。
詳しくは、ここ。
https://manage.graphic.jp/shop/order02_w.php

こんなことは今までにもあったから、まぁそれはおいておこう。(良くはないんだけど)

個人的には、
サイトに登録するということは、個人情報流出のリスクを負うということだと思っている。
むしろ、流出はするもんだと思っている。

グラフィックの件もそうだが、流出が発覚するのが外部による指摘ということはよくある。
ほとんどは気付かないうちに情報が抜かれていると考えたほうが良い。
となると、表面上は発覚していなけれども個人情報が流れていることは多々ある。

なので、サイトに登録するということは個人情報は流れると思ったほうが良いのだ。
これだけ世の中にサイトがあるのだから完全に個人情報を守るのは無理だ。
でなければインターネットとオサラバするしかない。

本題

で、今回のグラフィックの発表内容なのだが、重大なことが省かれている。

実はグラフィックのシステムでは、パスワードが暗号化されていない。

これは今時のシステムではあってはならないことだ。
登録メンバーのパスワードを暗号化してデータベースに保存しておくというのは、
IT業界ではかなり前から常識とされている。

今回、グラフィックの流出ではメールアドレスとパスワードが流出している。
つまりパスワードは丸見えの状態で流出しているため、
同じメールアドレスとパスワードを他のサイトで使いまわしている場合(そんな人ばっかりだろうけど)、
それらのサイトのアカウントを乗っ取られる可能性がある。

にもかかわらず、
グラフィックの報告では、

Webサイトをご利用いただくためのパスワードにつきまして、ご変更いただくことをお奨めいたします。

と書いてある。
マジでありえない。
これはお奨めする、というレベルの話ではない。

グラフィックはもとより、使いまわしている他のサイトのパスワードも全て変更しなければならない事態なのだ。

オレの場合は、普段から全ての登録サイトのパスワードをランダムに生成して異なるものにしているため、
グラフィックのパスワードを変更すれば事足りるが、
残念ながら世の中のほとんどの人はパスワードを使いまわしている。

パスワードが暗号化されていないことは、
グラフィック社に直接電話して確認した。
しかも、「パスワードは暗号化されていたんですか?」と聞いたら、「していませんでした。」と即座に回答があった。

電話に出た人はシステムに詳しいわけではないだろうから、
聞かれたらそう答えろとおそらく言われているはず。
そう考えると、
少なくとも社内の上層部ではその深刻度は理解されているように思われる。

であれば、パスワードが暗号化されていない事実は正直に報告して、
サイト利用者によるパスワード変更対応が緊急になされるべきであることも周知すべきだ。

本当に、
パスワードは全サイトで別のものにしておいたほうが良い。
今はパスワードマネージャの選択肢がたくさんあるので、
何か一つ導入することをお奨めする。(というか絶対やったほうがいい)

ちなみに、今現在もグラフィック社のシステムではパスワードは暗号化されていない。
パスワードを変更しても、暗号化されないということだ。
ここはシステムのアップデートを待つしかない。

なお、グラフィック社の印刷会社としてのクオリティにはとても満足している。
Illustratorから直接データを送信できるプラグインを配布しているあたりも、
なかなか技術力のある会社だなぁ、と思っていたので今回の件は非常に残念だ。

しばし休止

今日で5月も最後。
明日から6月に入る。

今年の正月から、1日も休まずにブログを書いてきた。
今日はこのブログを書いている横で娘がそろばんの宿題をしている。

とりあえず1ヶ月続けてみよう、から始まったこのブログ。
3ヶ月も過ぎる頃には、これなら1年間休まず書くことも可能かなと思っていた。
その頃には、書き忘れるということはほぼ考えられなかった。
夜になると、もう自然と今日は何を書こうかとなっていた。

しかし先日、あるセミナーに参加したことがきっかけで、
自分のビジネスのギアを上げることにした。

そうなると、ビジネスに直結するわけではないブログを書いている時間がもったいなくなってきた。
そういうわけで、しばらくこのブログを休止しようと思う。

まぁ、何のテーマもない私的な日記みたいなブログなので、
読む人がたくさんいるわけじゃないけど、
そんなわけでしばしお別れだ。

とりあえず、従業員ゼロで会社の年商が2,000万円を超えたら、また再開しようかなと思っている。
でも、実際には2,000万円ぐらいが一番キツくて、5,000万円を超えないと楽にはならないようだ。
なので、本当に再開するかどうかはわからない。

自分自身と皆さんの前途を祈って。
それでは。

続・ハト対策

1週間前に、超音波によるハト対策を始めたことを書いたが、
この1週間、全くハトは来ていない(か、すぐ退散しているか)。

ベランダから下の方の階の手すりを見てみると、
ちょこちょことハトのフンが見える。(ウチは最上階だ)

ということは、ハト自体はこのマンションに来ているらしい。
どうやら、ウチはハトを撃退したと思って良さそうだ。

とはいえ、
その代わりに別の部屋が被害を受けているわけで、
ハトにとってはどうでもいいのかも知れない。

それはそうと、もう少ししたら夏だ。
夏といえば蚊。

今度は蚊の対策をせねばならない。
蚊って本来マンションの上のほうまではこないはずなんだけど、
最近はあまり関係ないのかねぇ。

前のマンションには周りに水の流れがほとんどない水路がそこらにあったこともあり、蚊が酷かった。
1年のうちの8ヶ月ぐらいは蚊と格闘していたと言っていいだろう。
とにかく娘がかわいそうだった。

ここに越してきてから初めての夏。
前ほど酷いということはないだろうけど、どうなることやら。

ロジクールMX MASTERを3ヶ月ほど使ってみての感想

3ヶ月前にiMacを新調した時、ついでにマウスも買い換えた。

それまでは年季の入ったロジクールの有線のUSBマウスを使っていたのだが、
いい加減無線化しようかと思ったのだ。

そろそろ無線のマウスも違和感なく有線マウスのような操作感が達成されていてもいいんじゃないか。
そんな期待を胸に探し始めた。

メーカーは始めからロジクール以外は考えなかった。
Macといえば、Bluetoothだよなぁ、ということでそれを中心に絞り込んでいった。

で、やっぱりデスクトップでメインで使うマウスはゴツイやつがいい、ということで、
最終的にMX-Masterに。

あれから3ヶ月使ってみての所感を書こうと思う。

カーソルの動きと自分の感覚

Macでマウスを使う時に最も違和感が出るのが、
マウスカーソルの動きだろう。

これはMacに移行するまえに長年Windowsを使ってきたからなのかわからないが、非常にもっさりした印象が拭えない。
かといって、加速度を大きくすると、それはそれで使いにくい。

この部分は、SmoothMouseという以前から使っているフリーソフトを、今回も使うことになった。
残念ながら、ロジクールのドライバーが提供する設定画面ではこれは解消できない。

しかし、しっかり調整すればとてもなめらかな動きで、マウスの滑りの良さと相まってかなりの使い心地を実現できている。
手の動きとカーソルの反応に遅延を感じることはない。
細かい動きもバッチリだ。

ホイールが手に馴染んできた

当初、ホイールには結構違和感があった。

SmartShiftテクノロジーという、
ホイールの回す速度に応じてクリック・トゥ・クリックからフリースピンに自動で切り替わる機能がある。

最初はクリック・トゥ・クリックがとても重く感じていた。
一方で、フリースピンになるためのホイールの速度がまだ感覚として掴めなかった。

これが、使い込んできたからか今ではクリック感もちょうど良くなり、
フリースピンとの切り替わりの勘所も指が覚えてしまったので、
かなり快適に感じている。

ジェスチャーボタンが便利

ロジクールのドライバーをインストールすると使えるようになるジェスチャーボタン。
これがなかなかに便利だ。

ジェスチャーボタンとは、特定のボタンをジェスチャーボタンとして設定すると、
そのボタンを押しながらマウスを前後左右に動かすことで、複数の動作を登録できる機能のことだ。
単にそのボタンをクリックした場合の動作も登録できるので、実質5つの動作を登録できる。

オレの場合は、ジェスチャーボタンを2つにしている。
1つはメディアコントロール。
もう1つは仮想デスクトップの切り替えと、Launchpadの起動だ。

慣れてしまうと、これなしの生活が耐えられなくなるだろう。

Bluetoothは実質使えなかった

最初はBluetoothで接続していたが、すぐに切断されてしまったり、
再接続に時間がかかったりするので、イライラしていた。

他のBluetoothデバイス(マジックキーボードやマジックトラックパッドなど)との相性が悪いのかも知れない。
環境によってはうまく動作するのかな。

オレの場合は、Bluetoothは諦めて、付属のUSBドングルを使っている。
これにしてからは全く不具合なく使えている。

充電はたまにすればいいだけ

正確に覚えてはいないが、1ヶ月に1度充電するかどうかじゃないだろうか。
毎日使っているが、すぐに電源がなくなると感じたことはない。

充電中はちょうど有線のマウスと同じ状態になるので、充電しているからといって作業ができないということはない。

総評

すこぶる良い。
Bluetoothがうまく繋がらなかったのは残念だが、それ以外はほとんど不満らしい不満はない。
これがダメになっても次も同じ機種を買うと思う。(後継機が出ていなければ)

逆に、USB端子が余っていない人にとっては、MX MASTERを購入するのは冒険になるかも知れない。
12インチMacbookでこれ使う人がいるとは思えないけど。

MX Master
MX Master

新しい機種が販売されているので、今ならこちらのほうがいいだろう。

MX Master 2S
MX Master 2S